やりたいことを全うするための戦略的時間術。仕事以外のやりたいことの時間を確保する。

習慣化

人生は90秒で変わる!葉山直樹を読んでいて
自分のやりたいことをやるための時間術を学びました。
仕事中心の生活では、人生はやがて崩壊します。
スクリーンショット 2015-02-16 11.06.44

最も重要なポイントがここです。 先に「仕事」の予定を詰め込んで、その予定を消化するために仕事術を身につけていてはいけません。それはあなたを「不幸な仕事の達人」にする「負のスパイラル」の始まりです。(葉山直樹)

私は仕事以外で、飲酒にも多くの時間を費やしていました。
毎日のスケジュールは仕事とお酒に占領されていたのです。
飲むことでクライアントやスタッフとの関係づくり
いわゆる「飲みニケーション」を行っていました。
しかし、44歳の時に仕事と酒の両立が不可能なことに気づき
自分の時間をどうコントロールすればよいかを考え始めました。
当たり前ですが、年をとれば、無理が利かなくなります。
深夜まで酒を飲み続けて、朝から仕事をすれば、体に良いわけはありません。
二日酔いで仕事をしても、ビジネスの効率は上がりません。
また、仕事だけでなく、アルコールに依存していれば
平日は家族との時間も取れないわけですから、子育てにも支障をきたします。
家族を犠牲にしていたら、イライラが続き
良い仕事などできるわけがないのです。

私は自分の時間を作り出すために、好きだったお酒を一切やめました。
8年前に断酒をスタートしたのです。

仕事のことは横に置いて、仕事以外で重視するものが何かを確認します。確認が済んだら、あなたのスケジュール帳に、仕事以外で重視するものを優先して組み込んでいくのです。健康のために睡眠時間を最低でも間日6時間欲しいなら、仕事より先に1日のスケジュールに入れてしまいます。家族と過ごす時間が大事なら、それも仕事より先に組み込みます。まずは仕事以外のやりたいことのために費やす時間を優先的に確保していくのです。そうして余った時間が仕事に充てられるもので、そこで初めてどうすれば仕事の効率をあげて最短で必要なお金を稼ぐことができるかを考えます。

私は断酒をスタートした時に、朝と晩に意外に
多くの時間があることに気づきました。
この時間を無駄にするのはもったいないと思い、思考を変えることにしました。
そこから、人生に可能性を感じて、やりたいことをリスト化したのです。
自分のやりたいことを、まずは、書き出し
それを実践することにしました。

朝活などの読書会、ソーシャルメディア情報のアウトプット
USTREAM番組などを配信し始めたのです。
当然、これらは自分の本業ではないので
9時〜17時以外で時間を確保する必要がありました。
そこから、やりたいことを事前に確保することを思いついたのです。
今では事前にやりたいことがあれば、スケジュールを事前に確保して
仕事以外の「ワクワク」する環境を積極的に作っています。
仕事より大事なことがあれば、事前にスケジュールに組み込んでしまうのです。

葉山直樹氏はやりたいことをやるためには
以下の5つのステップが重要だと、人生は90秒で変わる!で書いています。

○ステップ1 何が「自分らしい人生」なのかを確認する
○ステップ2 何を仕事以外で重視するのかを確認する
○ステップ3 仕事以外で重視するものを確認し、その時間を優先的に確保する
○ステップ4 余った時間で、いかに仕事の効率を上げて結果を出すかを考える
○ステップ5 効率的な仕事するための仕事術、時間術を身につける

一度、人生を見直して、自分らしい人生を考えてみませんか?
出会いと気づきが自分の人生の幅を広げ
仕事以外の人脈から良いことが運ばれるようになります。
これで、不思議とビジネスが上手くいくようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  
photo credit: IMG_4286 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント