テレビの時間を減らせないか、飲み会の付き合いを減らせないか?と質問してみよう。

習慣化

「時間がない」を口癖にするのをやめてみましょう!
私の大好きな本に減らす技術 The Power of LESSレオ・バボータ著)がありますが
本書を読めば、時間の使い方をすぐに変えられます。
時間術で迷っている人には、オススメの一冊です。
スクリーンショット 2015-06-07 20.57.29

本書に書かれている「人生をシンプルで生産的にする6つの原則」を
実践すれば、自分がやるべきことに集中できるようになります。
6つの原則はとてもシンプルですが、これを自分のルールにすれば
やりたいことで、結果を残せるようになります。

■制限する
■本質に迫ることだけを選ぶ
■シンプルにする
■集中する
■習慣化する
■小さくはじめる

また、レオ・バボータMIT(モスト インポータント タスク)を
モデリングすることで、自分のやるべきことに集中できるようになります。
もっとも重要なタスクを朝一で、こなしてしまうMITによって
自分の時間をコントロールでき、夢の実現を近づけられるのです。
また、やりたいことを3つに絞ることで、やらないことも明確になります。

MITへの取り組み方〉でキーになるのは

■朝一番に選ぶ。
■3つだけ選ぶ。
■最低ひとつは人生のゴール(あるいはトップ3プロジエクト)に関するものを選ぶ。
■毎日MITが最優先。
■ほかのことに手を出す前にとりかかる。
■シングルタスクを忘れずに、一度にひとつのMITに集中しよう。

私は、朝一番のブログを習慣化することで、人生が変わり始めました。
出勤前の短い時間はインプットとアウトプットに集中することにしたのです。
デッドラインがあると、その時間内で終わらせるように、脳が力を発揮してくれます。
朝のタイミングから、MITをスタートすれな、やるべきことに注力できます。
重要な3つのことを毎朝決めることで、確実に目標を達成できるようになるのです。
今、やるべきことに集中できれば、良い結果が伴います。

私は、朝の過ごし方を変えた時に、TVを見るのをやめました。
TVは受動的なメディアですから、楽に見れます。
しかし、見始めるとすぐに時間が経過してしまい
大事なことをする時間が、確保できなくなるのです。
また、ネガティブな事件を見ることで、嫌な感情が頭を支配し
モチベーションを落としてしまいます。
そのため、私はよほどのことがない限り、TVを見なくなったのです。

また、朝早く起きて、自分のやりたいことに時間を使うために
夜の飲み会への参加も極力避けるようになりました。
ブログを毎朝更新することで、面白いことが引き寄せられ
やりたいことが増えてきたので、時間がますます貴重になってきたのです。

重要なタスクをぐずぐずと引き伸ばしにしているときは、こんなふうに小さなタスクに切り分けてみよう。そしてとりかかる。とにかく、取りかかる。1度やりはじめさえすれば、歯車が回りだして壁が崩れ落ちる。次のタスクも小さければ手を出しやすい。そうやって次へ、また次へと進んでいけば、そのうち巨大なタスクを踏破できる。

大きな課題があるときには、それらを切り刻ん、タスクを小さくしてみましょう。
すぐに取り掛かれば、結果が出て、自分に自信が持てるようになります。
重要なタスクは先延ばしにしたくなりますが
少しでも手をつければ、ゴールは確実に近づきます。
まずは、成功のために、小さな一歩を踏み出してみましょう。

自分の時間をTVや飲み会に使うのではなく、MITに使えば
必ず、良いことが起こり始めます!
ぜひ、減らす技術 The Power of LESSをご一読いただき
自分の時間について、考えてみてください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Apple Watch – Home Screen with Green Sport Band via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント