5分の力が生み出すもの。朝の誓いと夜の振り返りを習慣化しよう!

過ぎてしまったことは「いい経験したな」と思う。それしかないんです。(斎藤一人)

スクリーンショット 2016-02-24 15.28.51
過去の失敗が多ければ多いほど、人生は楽しくなります。
時々、過去の失敗を振り返れば、行動することの重要性を確認できます。
あの時の失敗が、今の自分をつくっていると思えるようになると
ポジティブに行動できるようになります。

たとえ、失敗を重ねても、チャレンジした分だけ体験が増えています。
ここから次のビジネスのアイデアが生まれたり、良い仲間に出会えているはずです。
失敗という遠回りが、知らず知らずのうちに、自分の価値を高めてくれています。
どんな大きな失敗をしても、時間が経てば、 笑えるようになるのです。
失敗に慣れ、それを楽しめるようになると、やがて成功のきっかけが見つかります。

古今東西の成功者はみな、チャレンジすることが大事だと言います。
リスクを取らない限り、明日も今日と同じ未来が続くのです。
変わるという選択をしない限り、人生は絶対に変わりません。

やったことは、たとえ失敗しても、20年後には、笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ。(マーク・トウェイン)

もし、チャレンジしなければ、年をとって亡くなる前に
「何もできなかった!」とただただ後悔するだけです。
こんな人生は私には我慢ができません。

20年後に笑うか?後悔するか?というマーク・トウェインのこの言葉を読むたびに
私はリスクを取るべきだと、自分の背中を押すようにしています。
チャレンジには、恐怖心がつきものですが
この名言によって、それをコントロールできるのです。

勇気とは恐怖心に抵抗することである。

マーク・トウェインは、恐怖心を持つことは仕方がないと考えていました。
恐怖心を感じた時に、それを乗り越える方法を見出せばよいのです。
夢を書き出し、自分がそれを達成しているイメージを思い描けば
恐怖心を減らせ、行動がつらくなくなります。

何かやりたくない事があったら、毎日必ずそれをやることだ。これが苦痛無しに義務を果たす習慣を身につけるための黄金律なのだ。

恐怖心をなくすためには、タスクを小さく切り刻むと効果があります。
毎日、そのタスクをやり続けければ、やがて習慣力が身に付いて
たいがいのチャレンジが怖くなくなるはずです。
朝起きたときに、その日にやるべきことをやれれば、人生は変わり始めます。
日々、1%づつでも成長していけば、夢が実現するようになります。
前日より今日、今日より明日を良くすることで
私たちはワクワクできるようになります。
マーク・トウェインは5分の時間の積み重ねが
人生を良くすると次のように言っています。

勝者と敗者を分けるのは、一日5分間、考えるかどうかで決まる。

毎朝、今日もチャレンジすると決めるのです。
そして、寝る前に、朝決めた通りに行動できたかを確認しましょう。
この朝の誓いと夜の振り返りが、あなたの意志の力を強くします。
朝晩、考える時間を持つことで、私たちは成長できるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  スクリーンショット 2016-02-14 14.42.41 

photo credit: via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化生産性向上ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント