木村聡子氏の「あなたの1日は27時間になる」の書評

習慣化

「時間がない」「忙しい」「残業続き」という方の多くは、残業を前提とした生活リズムが習慣化してしまっています。少しずつ、生活リズムを変えていきましょう。(木村聡子)

スクリーンショット 2017-01-29 16.14.49
photo credit: Dmitry Karyshev snow time via photopin (license)

現代人は忙しい毎日を過ごしでいますが、ちょっとの工夫で自分の生活を改善できます。
まずは、残業をしないと決め、朝の「前業」で先手を打てば、働き方が激変します。
私もお酒をやめて朝型にすることで、自分の人生を変えてきたので
この木村氏の考え方にはとても共感を覚えました。

もともとは夜型で自分の時間を犠牲にしてきた木村聡子氏ですが
自分の時間を取り戻すために、生産性を高める努力を重ねます。
その中で気づいたことが、習慣の力です。
朝型に生活リズムを変え、前業を習慣にすることで、自分の時間をコントロールしていったのです。

あなたの1日は27時間になる。の中で木村氏は
仕事を短時間で終わらせ、好きなことに時間を費やすためには
マインド段取り環境スピードの4つの視点を意識することが重要だと指摘しています。

①1日の「過ごし方」を見直す→「残業してでも、いい仕事をしよう」というマインドを捨てる
②「仕事の段取り」を徹底する→仕事を溜めず、「効率的に流す方法」を考える
③「仕事環境」を効率的にする→「物を探す時間」をゼロにする
④「仕事のスピード」をアップさせる→1秒でも早く手を動かす工夫をする

4つの視点で自分のボトルネックを見つけ、改善できれば
自分のパフォーマンスを確実にアップできるのです。
仕事を溜めない、ものを溜めないと決めることで、働き方を変えられるはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたの1日は27時間になる。 [ 木村聡子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)

私たちは「時間をいくらでもかけてよい」と思うから
最初から残業を選択してしまうのです。
実は、ここに大きな落とし穴があります。
多くの日本人がこのマインドにおかされ
夜遅くまで働くことを美徳とし、心と体を蝕んでいます。

私たちは時間に対する考え方を変えない限り、残業でその場しのぎをしてしまいます。
いつも多くのタスクに追われることで、私たちは精神的な余裕を失い
ますます、残業で片をつけようと遅くまで働くようになるのです。
そんな状態で、さまざまな仕事を同時進行するため
物の整理ができなくなり、探し物に時間をとられます。
まさに原因と結果の法則で、先延ばしマインドが自分を追い込んでしまっています。
まずは、夜型をやめ、朝の時間を有効活用してみましょう。
朝時間は夜に比べ脳が活性化していますから、どんどんタスクをこなせます。

木村氏は本書の中で「1日1捨」という考え方を紹介しています。

>文字どおり「1日にーつ、捨てる」ことです。これは、職場でも自宅でも私がここ5年間実践している習慣です。本、服、小物、雑誌、使いかけの化粧品、あまり使わないアプリ……。なんでもいいのです。必ず何かーつ、物を捨てるようにしています。

物を探す時間を短縮するには、物をもたないことが一番大切だと木村氏は言います。
この「1日1捨」を地道に実践すれば、部屋や仕事場が片づいていきます。
ものがなくなれば、気分もすっきりしますから、やる気もチャージできます。
私も最近「捨てる」を習慣にしているので、この効果に驚いていますが
今回、木村氏を見習って、「1日1捨」を実践してみようと思います。

また、「1日1捨」は自分の生き方にも影響を及ぼします。

「1日1捨」を1年ほど続けてみたところで、自分自身の変化に気づいたのですが、物に対して「これは本当に必要だろうか」と常に疑問をもつ姿勢は、人とのつき合い方や仕事の仕方など、物質以外の面にも次第に影響を及ぼしていきます。

「本当にこれが必要だろうか?」と考えることを習慣にすれば
自分のやりたいことや夢が見つかります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

      
       

Loading Facebook Comments ...

コメント