ソーシャルメディアを悪い習慣にしないために

習慣化

悪い習慣とは自分の利益にならない習慣である。(リック・ピティーノ)

スクリーンショット 2016-09-02 6.54.48

PDFA習慣術の徳本昌大です
成功をめざす人に知っておいてほしいことの中で、リック・ピティーノ
悪い習慣とは、自分の利益にならないことだと定義しています。
習慣は良い習慣と悪い習慣に区別されますが
いくらそれが楽しくても、利益にならなければ、それは悪い習慣なのです。

FacebookやTwitterによって、私の世界は一気に広がりました。
ここから多くの出会いをデザインできたので、とても感謝しています。
しかし、ソーシャルメディアには当然デメリットもあります。
朝起きてから眠るまで、ソーシャルメディアに時間を奪われて
他の大事なことができなくなってしまうのです。
ひどい時には歩きスマホで、Facebookを読んだり
家族と会話しながら投稿するなど、目の前のことに集中できない自分がいます。
これでは、ソーシャルメディアに人生を支配されているのと同じです。

ソーシャルメディアは使い方次第で、間違いなく武器になります。
新たな人脈をつくれたり、人から様々なアドバイスを受けられます。
しかし、使いすぎると、中毒になり害を及ぼします。
無意識にソーシャルメディアを見るようになると
時間を絶えず奪われ、自分が本来やるべきことができなくなるのです。
利益を自分に与えないのですから、この場合、ソーシャルメディアは悪い習慣になります。

便利なソーシャルメディアを悪い習慣にしないために
使う時間を決めるなど、しっかりとしたルールを作るべきです。
大きな目標を思い出せば、自分が今何をすべきか?を思い出せるはずです。
私は本を書きたいので、その時間を確保することのほうが
ソーシャルメディアのROMよりも、はるかに大事です。
本を読んだり、文章を書いた後のほんのわずかな時間を
Facebookを見る時間にするなど使い方を意識することで
自分の行動を改善できるようになります。
FacebookやTwitterの頻度や滞在時間をルール化しましょう!

ソーシャルメディアを良い習慣にできるように、自分をコントロールしましょう!

リック・ピティーノの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。


 

photo credit: Social Media Mix 3D Icons – Mix #1 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント