ありえいない出会いや解決できそうもないトラブルが、人生を面白くしてくれる法則。

習慣化

そもそもこの土地に来ることになったのは、いくつものありえないような出来事が重なったおかげだった。そうした予期せぬ、ありえないような出来事が人生の節目で起こらなかったら、今のわたしはなかっただろう。知り合いのほとんどが、やはり紆余曲折のある人生の軌跡をたどっている。(バーナード・ロス)


photo credit: Hijo de la Tierra. Hold my hand strongly. via photopin (license)

スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣書評を続けます。
私たちの人生は計画どおりには推移しません。
だから人生は面白いのですが、なにも準備をしないでよいというわけではありません。
自分のやりたいことを明確に決め、それに向かって行動しているうちに
チャンスが突然舞い込んでくるのです。
夢を語るうちに仲間が面白い人を紹介してくれたり
偶然出掛けた場所で新たなチャンスが見つかるのです。
昨日は思ってもみなかったありえないことが、突然起こるから人生は楽しいのです。
より多く行動しているから、素晴らしい「ハプニング」が引き寄せられてきます。
目標に向かって動くことで、運がどんどん良くなっていきます。

私も出張先にインスパイアされ、そこでビジネスのアイデアを思いついたり
紹介で会った人と盛り上がり、その日に起業の話が決まるなど
今までに場所や人とのご縁によって、ビジネスがスタートしたことが何度もあります。
不思議なセレンディピティによって、人生はより面白くなるのです。
思った通りの人生などなく、紆余曲折がつきものなのです。
ワクワクしながら行動していれば、必ず良いことが起こると私は確信しています!

難しい問題からでも、良いことが引き寄せられます。
多くの人がトラブルだと思うようなことでも
対応を真剣に考えることで、思わぬヒントが見つかります。

「問題」という言葉には、ネガティブな響きがある。直さねばならないまずいところがあると示唆する。だが、人生を良くする機会だとリフレーミングすれば、ポジティブになる。問題解決を、基本的な生きる力とみなすことができる。悟りを開いた人なら、あらゆる問題をチャンスとみなす。しかし、問題が人生に及ぼすポジティブな影響を理解するのに、悟りの境地に達するのを待つ必要はない。自分の体験を探るだけでいい。問題に取り組むとき、わたしは生活のすべてを費やす。問題に取り組みたくてうずうずしてなかなか寝つけないし、朝は早くから目が覚める。

成功者は問題をリフレーミングして、チャンスにしてしまいます。
問題に逃げずに取り組むことで、脳が力を発揮し、解決策が頭に浮かんだり
良い出会いによって、問題があっという間に処理できたりします。
このように、問題は私たちに良い影響を与えてくれます。
ピンチだと思っていたことが、捉え方を変えることで、チャンスにできるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
バーナード・ロスの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント