誕生日の日に人生のカウントダウンについて考える。

習慣化

あと10分しか生きられないとしたら、あなたは何をするだろうか?あと10日しか生きられないとしたら、あなたは何をするだろうか?あと10ヵ月しか生きられないとしたら、あなたは何をするだろうか?あと10年しか生きられないとしたら、あなたは何をするだろうか?残りの人生しか生きられないとしたら、あなたは何をするだろうか?(バーナード・ロス)


photo credit: Carbon Arc #ModernTimes | Movies on the Go -[ #FlickrFriday ]- via photopin (license)

私の母親は今から23年前に交通事故で亡くなりました。
横断歩道を渡っている時に前方不注意の車に轢かれ、突然亡くなってしまったのです。
当時母は61歳でしたが、いきなり人生に終止符を打ちました。
当然、本人にはやりたいことがたくさんあり、心残りの人生だったでしょう。
いきなり別れを告げることになった私も
あまり親孝行ができず、長い時間が経った今でも後悔の念に駆られています。

この時に人生は儚いもので、今日を全うすることも奇跡だと思えるようになりました。
しかし、そんな体験をしても、自分の行動を変えることは思った以上に難しく
なかなか悪い習慣から抜け出せずにいました。
酒に溺れた生活をやめられず、ようやく10年前に断酒することで
ようやく自分のやりたいことにフォーカスできるようになったのです。

バーナード・ロススタンフォード大学dスクールの中で
自分の人生にデッドラインを設けることで、自分の行動を変えられると指摘しています。
人生の残りの時間に関する質問をすることで、本当に今自分が何をすべきかが見えてきます。

冒頭の質問の答えを考えると、自分自身について、さまざまなことがわかります。
今日は私の54歳の誕生日でしたが、人生の大詰めを迎えていると言っても過言ではありません。
人生のカウントダウンはもう始まっていると思うと
自分の中で、より多くの夢を実現したくなります。

今日と言う日に以下のバーナード・ロスの言葉を読み返すことで
自分の中のやる気のスイッチを押すことができました。

一つだけ確かなことがある。昨日よりも今日のほうが、カウントダウンに近づいている。今日より明日はさらに近づく。だから、なりたい自分になるのは今しかない。

なりたい自分になるのは今しかないのです。
今日が人生で一番若い日なのですから
行動するのに遅すぎるということはないのです。
人生のカウンドダウンが始まっていると意識を変えることで
私たちはポジティブに行動できるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
バーナード・ロスの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント