チームのコミュニケーションを良くする3つの方法。

習慣化

チーム全体が前に進む方法は必ずある。敬意と配慮を忘れなければ、議論は悪いことではない。それどころか、結構なことだ。議論するときに重要なのは、個人攻撃しないことと、チームのメンバーが支え合い、理解し合う気持ちを損なわないようにすることだ。もう一つ重要になるのは、物事をうまく運ぼうとする意思をチームの各メンバーが持つことだ。(バーナード・ロス)


photo credit: NWABR NWABR Community Conversation October 18 2011 via photopin (license)

スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣
素晴らしい一冊ですが、その中にチームワークに関する記述がありました。
物事はうまくいくとメンバー全員が考え、行動することで成功が近づきます。
逆に、目標が一致していないと、あたりまえですがチームはうまくいきません。
チームの歯車がかみ合わないと、組織が壊れ始め、自己中心的になるメンバーも出てきます。

そういった状態を避けるためには、メンバーの相互理解が欠かせません。
バーナード・ロスはメンバー同士のコミュニケーションを
円滑にするためのアイデアをいくつか教えてくれます。
例えば、メンバーの名前を覚えることも重要です。
相手の名前に意識を払い、覚えようとすることがその第一歩になります。
相手の名前を呼ぶことで、相手との距離を一近に縮められるのです。

あなたが自分のことを明かせば明かすほど、他人はあなたに好感を抱くようになる。ところが皮肉なことに、人から拒まれるのを恐れて、わたしたちは自分の一部を隠す。拒まれるのは隠すからであって、明かすからではない。

また、自分について積極的に語ることも大事です。
相手に自分のことを話せば話すほど関係を良くできます。
コミュニケーションを活性化するためには、できるだけ自分のことを隠さないことです。
逆境を乗り越えてきた自分の過去のストーリーを語ることで、共感が生まれます。
自分のストーリーやプロフィールを人前で話し、何が効果的かをチェックしてみましょう。

また、車座になって話すことで、メンバーの相互理解が深まります。

互いに近づいて作業するほど、グループもうまくいく。これまであらゆるタイプのグループで多数の実験を重ねた結果、小さな円のほうが圧倒的にうまくいくことがわかった。この実験結果は、あくまでもコラボレーションを重視するデザイン思考のコンセプトと一致する。輪になるということは、誰がどこに座るべきかという序列が存在しないということだ。「上座」も「下座」もない。

上下関係がないコミュニケーションを意識することで
チームを強くできるのですから、会社の会議などにも活用するとよいでしょう。
コミュニケーションを重視するために
1、名前を覚えて、呼び合う。
2、自分のことを隠さず話す。
3、車座で上下関係を意識しないミーティングを行う。
の3つを心がけましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
バーナード・ロスの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント