書評

スポンサーリンク
習慣化

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。(プルースト)

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。(プルースト) 年を重ねると今までの自分の体験で世界を見ようとします。 新しい視点を忘れて経験値に頼るのは チャンスロスに繋がる可能性があり、できれば避けたいもので...
習慣化

1年の3000時間を何に使うかを棚卸ししよう! 努力が勝手に続いてしまう。(塚本亮著)の書評

努力が勝手に続いてしまう。(塚本亮著)という一冊をKindleで購入しました。 偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術という サブタイトルに惹かれて、読み始めたのですが これがなかなか面白い一冊でした。 勉強を習慣...
習慣化

百冊の本を読むより、百人の人物に会え。読書と出会いのバランスを考えよう。

経済学者の小泉信三は、読書の価値を認めた上で 人に会うことの重要性をシンプルな言葉で、私たちに教えてくれています。 百冊の本を読むより、百人の人物に会え。(小林信三) 小林氏は慶応義塾の元塾長で 天皇陛下の皇太子時代の指導役...
習慣化

オプティミストはなぜ成功するか(マーティン・セリグマン著)の書評

マーティン・セリグマンのオプティミストはなぜ成功するかでかが Kindleでリリースされていたので、再読しています。 ポジティブ心理学の重要性=思考をポジティブに変えることで 人生がよくなることがわかる良書です。 特に悲観論者で...
習慣化

脳にとって、マイナス思考は毒、プラス思考は良薬!!

「脳にいいこと」だけをやりなさい!(マーシー・シャイモフ著)を読んでいると 脳がみるみる元気になって、不思議と幸せになれます。 脳が幸せを感じられるのは“今”だけなのです。(マーシー・シャイモフ) 毎日、幸せを感じるためには、...
習慣化

ポジティブ心理学的にもブログを書くことは正しかった。幸福の5つの要素を考えてみた!

オプティミストはなぜ成功するかで 有名なマーティン・セリグマンですが 彼の言葉から私たちは元気をもらえます。 マーティン・セリグマンはニューヨーク州の出身の アメリカ人のポジティブ心理学者で次の言葉で有名です。 人生はオプ...
習慣化

「好き」からはじめよう 大切なことに気づく45のメッセージ(中島未月著)の書評

中島未月氏の「好き」からはじめよう 大切なことに気づく45のメッセージは よく生きるための素敵なエッセイ集です。 シンプルな文章の中に、時折、著者の鋭い言葉が潜んでいるので 刺激を受けながら思考することができる良書です。 ワ...
書評

挑戦する会社(神田昌典著)の書評

神田昌典氏の新作挑戦する会社を読んでいます。 いつもながらの視点で未来の私たちの生き方をサジェストしてくれています。 今回は冒頭のコミュニティ論に共感しました! ダントツの結果を出したいなら、ダントツの結果を出す人の多い環境に身を...
習慣化

バイブレイン戦略で人生をハッピーにしよう! 禅脳思考(辻秀一著)の書評

辻秀一氏の禅脳思考を読んでいます。 本書を読むことで、心を落ち着かせることができました。 私たちはポジティブ思考をすることで 外界との決着をつけて、心の状態を良い方向に持っていこうとします。 しかし、本書の著者の辻秀一氏はこのポ...
習慣化

成功感性(佳川奈未著)の書評

成功感性(佳川奈未著)の中に 感性で成功する考え方が紹介されていました。 この考え方に共感したので、以下引用します。 思い描いた夢を叶え、成功した人生を生きるには、なにかしらの才能や能力や技術よりも、“感性”がものをいうということです...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました