Apple

スポンサーリンク
アマゾン

松村太郎氏のAnker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカーの書評

「Empowering Smart Lives」と言うビジョンを掲げ、顧客の生活をスマートにするプロダクトを提供するAnkerは、短期間で多くのファンを獲得することに成功します。顧客と徹底的に対話し、そこからイノベーションを起こすことが彼らの強みとなり、Ankerのビジネス領域が広がっているのです。
Apple

エリック・カロニウスのなぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かすの書評

Technology photo created by creativeart - www.freepik.com なぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かす 著者:エリック・カロニウス 出版社...
AI

田中道昭氏の2025年のデジタル資本主義: 「データの時代」から「プライバシーの時代」への書評

プライバシー規制強化の中で、GAFAに厳しい目が向けられています。中央集権型社会から個人の幸福にフォーカスする分散型フラット型社会にシフトする中で、日本企業にも再び飛躍するチャンスが訪れます。企業は人間中心主義を取り入れ、顧客と従業員を満足させる経営を行うべきです。
AI

田中道昭氏の経営戦略4.0図鑑の書評

世界の最前線を走るトップ企業の経営戦略の中には、NEXT(次の一手)が隠されています。GAFAやBATH、日本のトップ企業15社(キープレーヤー)の戦略を解き明かすこと、未来が浮かび上がってきます。ネットフリックスはサブスクリプション、AI、ビッグデータの3つを活用することで、成長を続けています。
AI

デジタル・プロレタリアートにならない方法。マルクス・ガブリエルの世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているかの書評

GAFAの存在感が日々増していますが、実は現代人は彼らの労働力に成り下がっています。彼らは現代人を無料で使い倒し、現代人をデジタル・プロレタリアートにしています。政治がソーシャルメディアやテクノロジーが結びつくことで、独裁が進むことにも注意を払う必要があります。
Apple

ハワード・ユーのLEAP ディスラプションを味方につける絶対王者の5原則の書評 

どんなテクノロジーもイノベーションも、すぐに真似をされ、コモディティ化してしまいます。 偉大なる企業になるためには、過去の成功体験をゼロリセットし、追い上げてくる競合と戦うために、異次元のレベルにLEAP〈跳躍〉する必要があります。
AI

山本康正氏の次のテクノロジーで世界はどう変わるのかの書評

VUCAの時代は、変化が短期間に起こります。特にテクノロジーの進化は秒速で進み、ビジネスに変化を起こします。今までの勝ち組が5G、AI、ロボティックス、クラウドによって、あっという間に負け組に転落する恐れがあります。ビジネスパーソンはテクノロジーとリベラルアーツを学び、変化に適応すべきです。
AI

書評 ブレット・キングのBANK4.0 未来の銀行

私たちは40年間かけて、支店がバンキングサービスにアクセスできる唯一のチャネルであったところから、マルチチャネルへ、そしてオムニチャネル、さらに最終的にはデジタル・オムニチャネルとなって、顧客がデジタルのみでバンキングにアクセスするとこ...
Apple

ローレンス・レビーのPIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話の書評

スティーブ・ジョブズはピクサーの成功で表舞台に復活しますが、その裏にはCFOのローレンス・レビーの活躍があったのです。ピクサーがディズニーとの不平等な契約を改善し、IPOするストーリーは最高にエキサイティングです。リスクを恐れずに行動する重要性を本書から学べます。
AI

田中道昭氏のGAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略の書評

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)とBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)という最強のプラットフォーマーの事業形態と戦略を最新の情報を元に、田中道昭氏が独自の「5ファクターメソッド」で分析する良書です。特に現地取材に基づいたBATHの分析から多くの学びを得られます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました