Apple

スポンサーリンク
Apple

スコット・ギャロウェイのthe four GAFA 四騎士が創り変えた世界の書評

フェイスブックとグーグルはメディアを、アップルは電話を支配している。そしてアマゾンは小売業界を制覇しようとしている。(スコット・ギャロウェイ) photo credit: Bennilover BB, Caught in th...
Apple

アマゾン・エコーとアレクサのエコシステムの凄みを田中道昭氏から学ぶ。

エコシステムとは、プラットフォームをその中核や土台とするビジネス上の生態系や産業構造を表す言葉です。アマゾンのビジネスにおいては、アマゾン・エコーがプラットフォームとなり、アマゾン・アレクサがさまざまな商品・サービス・コンテンツを外部からも...
Apple

ザカリー・カラベルの経済指標のウソ 世界を動かす数字のデタラメな真実の書評

私たちは経済指標にも歴史があり、考案された理由があることや長所や短所があることを忘れがちだ。(ザカリー・カラベル) 現代人は経済指標を過信しすぎていないか? 今、私たちが信じている経済指標が実態経済を反映していないと 経済指標...
Apple

ジョブズはなぜ成功を勝ち取ったのか?「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで」の書評

iPodはアップル初の大量生産品だが、これを世の中に送り出せたのは、最初にiMovle、続いて方向を修正して、iTunes、そしてiPodと論理的なステップをひとつずつスティーブらが踏んできたからだ。スティーブの忍耐力、統制、ビジョンが新た...
Apple

松山大耕氏のビジネスZEN入門の書評 

禅は本当にシンプルです。しかし、ただ手を抜いただけの単純なものとは違います。考え抜いたあげくの究極形。無駄なものを何一つ使っていない。だからこそ、そこに見る人の気持ちが反映され、人の心を動かすのです。「そうか、これでいいのだ。これ以上は何も...
Apple

ジョブズの交渉力を再評価する。ブレント・シュレンダーの「スティーブ・ジョブズ」の書評

すごいんですよ。部屋に入って『ウチのコンピューターを買う権限を持っている人はどなたですか』と聞けるんです。だれもいなければ、相手をしません。 『取引できる権限のある人としか交渉はしません』と言って帰ってしまいます。スティーブは手榴弾を投げこ...
Apple

ブレント・シュレンダーの「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで」の書評

持ち分はスティーブとウォズが45%ずつ、ウェインが残りの10%である。だが、ウェインは、すぐ、若造ふたりに未来を賭けるのは危ないと考え直し、1976年6月には持ち分を800ドルでジョブズとウォズニアックに買い戻してもらう。前述のロゴが発注さ...
Apple

倉下忠憲氏のEvernote豆技50選から、アイデア作りの刺激をもらえた!

プロジェクトごとにノートブックを作り、それぞれにアイデアを書き留めたノートをほうり込んでいたとしましょう。そのノートたちに「アイデアノート」タグを付けておけば、タグ検索で手持ちのアイデアを一覧できます。もしかしたら、その一覧からアイデア同士...
Apple

私がEvernoteを手放せない理由

「Evernote」は手放せません。メモを取ったり、線を引いたり、引用句を集めたりするのが好きなので、読んだ記事の中から、毎日10~100件ほどの「ノート」を保存しています。どれも細かくタグ付けして整理しているので、あとで記事やトーク内容を...
Apple

開運八社さんぽ 東京福めぐりで運をあげよう!

6月30日は夏越しの大祓で、浅草神社でも神事が執り行われています。 この半年の間に犯した過ちや心身の穢れを祓い清めて 本来の清浄な心身にもどすための大事な行事です。 茅草(かやくさ)で作られた茅の輪をくぐることで 疫病や罪穢れが祓われると言...
スポンサーリンク