Apple

スポンサーリンク
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
イノベーション

「if-then」メソッドがジョブズ成功の理由?耳を貸さないリーダーに聞く耳を持たせる方法(アダム・グラント)の書評

リーダーに再考を求める社員が多くいる企業は成長します。自信過剰や強情、独善主義、反論好きになりがちな上司や同僚に物申すコツをつかんでいる人たちを活用できるリーダーが、組織を強くします。激動の時代に成功するには、認知的な駆動力だけでなく、認知的な柔軟性も求められると著者は指摘します。
サブスクリプションモデル

スポティファイのエコシステム・ディスラプションとは?アップルに勝利するその戦略とは?

アップルミュージックとのシェア争いで優位に立つスポティファイの勝因は、パートナー戦略でした。アップルがレコード会社のビジネスモデルを破壊する中、大手レコード会社はスポティファイとのパートナー戦略を強化します。その後、アーティストやポッドキャストのコンテンツホルダーを取り込むことに成功したスポティファイは成長を続けています。
アマゾン

ピーター・ティールの成功する投資法とは?ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望の書評

投資家は長期視点で未来の独占企業を見つける必要があります。デジタル・プラットフォームのビジネスは「勝者ひとり勝ち」になります。プロプライエタリ・テクノロジー、ネットワーク効果、規模の経済、ブランディングという4つの要素をみたしそうなベンチャー企業を探しましょう。
アマゾン

最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー(デヴィッド・S・エヴァンス, リチャード・シュマレンジー)の書評

マルチサイドプラットフォームが軌道に乗るためには、クリティカルマスの確保が必須になります。相互にメリットを享受できる参加者を集めなければ、プラットフォームは機能しません。価値を生み出すためには、両サイドのグールプに参加する適切な人数を集め、「ニワトリと卵問題」を解決することが重要になります。
イノベーション

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる(伊庭正康)の書評

しつこくやり続ける人には、失敗という言葉は存在しません。成功者は全てが乗り越えられるもの、未来へ続く実験だと考えることで、自らの行動を楽しんでいます。成功者はしつこくやり続けることで、自分の目標を達成しているのです。
イノベーション

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか(ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ)の書評

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ ダイヤモンド社 本書の要約 企業を成長させるためには、自社の特徴あるケイパビリティに一貫性を持たせ、戦略策定と実行をダイナミックに結び付...
イノベーション

イノベーションの競争戦略―優れたイノベーターは0→1か? 横取りか?(内田和成)の書評

イノベーションとは、顧客に行動変容を起こさせることです。技術革新ではなく顧客の行動を変化させることをゴールに取り組むのであれば、そのプロセスは一変します。イノベーションの競争戦略とは、顧客の行動を引き起こし、市場における優位性を築くことなのです。
サブスクリプション

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる(城田真琴)の書評

金融以外の事業を展開する非金融企業が、既存サービスに金融サービスを組み込んで提供することが増えています。単に金融サービス会社を紹介したり、子会社を通じて金融サービスを提供したりするだけではなく、既存のサービスに金融サービスが組み込み込むことで、顧客体験を高めようとしています。
AI

ネクストカンパニー 新しい時代の経営と働き方 ーー 情報・価値観の差が利潤になる(別所宏恭)の書評

経営者は安売りをやめ、「高く売るための工夫や方法」に集中し、そのための組織を作るべきです。時代のトレンドに合わせた人材を集め、テクノロジーを活用し、自社の強みを磨き上げていくことで顧客との関係を強化できます。「ネクストカンパニー」とは顧客に高い価値を提供し、適正価格で勝負できる会社なのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました