Apple

スポンサーリンク
イノベーション

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる(伊庭正康)の書評

しつこくやり続ける人には、失敗という言葉は存在しません。成功者は全てが乗り越えられるもの、未来へ続く実験だと考えることで、自らの行動を楽しんでいます。成功者はしつこくやり続けることで、自分の目標を達成しているのです。
イノベーション

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか(ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ)の書評

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ ダイヤモンド社 本書の要約 企業を成長させるためには、自社の特徴あるケイパビリティに一貫性を持たせ、戦略策定と実行をダイナミックに結び付...
イノベーション

イノベーションの競争戦略―優れたイノベーターは0→1か? 横取りか?(内田和成)の書評

イノベーションとは、顧客に行動変容を起こさせることです。技術革新ではなく顧客の行動を変化させることをゴールに取り組むのであれば、そのプロセスは一変します。イノベーションの競争戦略とは、顧客の行動を引き起こし、市場における優位性を築くことなのです。
サブスクリプション

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる(城田真琴)の書評

金融以外の事業を展開する非金融企業が、既存サービスに金融サービスを組み込んで提供することが増えています。単に金融サービス会社を紹介したり、子会社を通じて金融サービスを提供したりするだけではなく、既存のサービスに金融サービスが組み込み込むことで、顧客体験を高めようとしています。
AI

ネクストカンパニー 新しい時代の経営と働き方 ーー 情報・価値観の差が利潤になる(別所宏恭)の書評

経営者は安売りをやめ、「高く売るための工夫や方法」に集中し、そのための組織を作るべきです。時代のトレンドに合わせた人材を集め、テクノロジーを活用し、自社の強みを磨き上げていくことで顧客との関係を強化できます。「ネクストカンパニー」とは顧客に高い価値を提供し、適正価格で勝負できる会社なのです。
イノベーション

アレックス・カントロウィッツのGAFAMのエンジニア思考の書評

Background photo created by rawpixel.com - www.freepik.com GAFAMのエンジニア思考 著者:アレックス・カントロウィッツ 出版社:かんき出版 本書の要約 GA...
イノベーション

Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人の書評

アップルはiPhoneを社内で設計し、鴻海などのEMSとの分業で利益率を高めています。アップルはこの手法を自動車業界に導入し、既存のメーカーをディスラプトしていくはずです。テスラ、鴻海、アップル、多くのベンチャースタートアップが自動車業界の常識を塗り替えようとしています。
Apple

ジム・コリンズ、ビル・ラジアーのビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になるの書評

起業家は正しい事業のアイデアより、正しい人材のほうがはるかに重要であることを忘れないようにしましょう。今考えているアイデア、あるいは事業戦略にしか適性のない人材ばかり集めたら、そのアイデアが失敗し、別のアイデアに挑戦しなければならない時には、同じバスに乗っている人のクオリティが重要になります。
AI

田中道昭氏の世界最先端8社の大戦略 「デジタル×グリーン×エクイティ」の時代の書評

今後は「人×地球環境」中心主義が経営者の常識になっていきます。顧客中心主義にこだわり、顧客のペインをなくすことばかり考えた結果、グリーンとエクイティに悪影響を及ぼしました。デジタルシフトにばかりが注目が集まりますが、リーダーはデジタル×グリーン×エクイティを三位一体で捉え、戦略に取り入れる必要があります。
Apple

シンプルなルールが重要な理由。

「シンプルなルール」を採用することで、人は柔軟性を手に入れ、自由に動けるようになります。スティーブ・ジョブズがシンプルにこだわりアップルを成功させたことを見習いましょう。自分の目標を明確にして、ルールをシンプルなものにするのです。私たちは無駄を削ぎ落とすことで、創造性を発揮できるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました