Apple

スポンサーリンク
イノベーション

Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人の書評

アップルはiPhoneを社内で設計し、鴻海などのEMSとの分業で利益率を高めています。アップルはこの手法を自動車業界に導入し、既存のメーカーをディスラプトしていくはずです。テスラ、鴻海、アップル、多くのベンチャースタートアップが自動車業界の常識を塗り替えようとしています。
Apple

ジム・コリンズ、ビル・ラジアーのビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になるの書評

起業家は正しい事業のアイデアより、正しい人材のほうがはるかに重要であることを忘れないようにしましょう。今考えているアイデア、あるいは事業戦略にしか適性のない人材ばかり集めたら、そのアイデアが失敗し、別のアイデアに挑戦しなければならない時には、同じバスに乗っている人のクオリティが重要になります。
AI

田中道昭氏の世界最先端8社の大戦略 「デジタル×グリーン×エクイティ」の時代の書評

今後は「人×地球環境」中心主義が経営者の常識になっていきます。顧客中心主義にこだわり、顧客のペインをなくすことばかり考えた結果、グリーンとエクイティに悪影響を及ぼしました。デジタルシフトにばかりが注目が集まりますが、リーダーはデジタル×グリーン×エクイティを三位一体で捉え、戦略に取り入れる必要があります。
Apple

シンプルなルールが重要な理由。

「シンプルなルール」を採用することで、人は柔軟性を手に入れ、自由に動けるようになります。スティーブ・ジョブズがシンプルにこだわりアップルを成功させたことを見習いましょう。自分の目標を明確にして、ルールをシンプルなものにするのです。私たちは無駄を削ぎ落とすことで、創造性を発揮できるようになります。
アマゾン

各務茂雄氏の世界一わかりやすいDX入門 GAFAな働き方を普通の日本の会社でやってみた。の書評

DXを成功させるためには経営者、社員、ビジネスパートナー、顧客を含めたビジネスの全体像を俯瞰し、デジタル技術を活用し、企業が強みを伸ばすようビジネスモデルを再考する必要があります。顧客と社員の体験を高めるために、デジタル技術と合理的マネジメントを融合すべきです。
アマゾン

カル・ニューポートのデジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中するの書評

デジタル・ミニマリズムとは自分にとって、本当に必要なデジタルツールだけを選択し、今ここに集中するための哲学です。著者はデジタルツールの活用を制限することで、生産性を高めたり、人との意味のある時間を増やすことができると言います。デジタル・ミニマリストになることで私たちは幸福度を高められます。
AI

山本康正氏の2025年を制覇する破壊的企業の書評

2025の世界に大きな影響力を持つGAFAMなどの世界最先端11社を分析することで、5年後の世の中の変化を予測できます。著者は① 業種の壁崩壊とコングロマリット化の再来 ② ハードでもソフトでもなく〝体験〟が軸になる ③ データを制するものが未来を制すという3つのメガトレンドを提示します。
イノベーション

アイデアをすぐに形にしよう!スマートウォッチ市場を生み出したエリック・ミジコフスキーとは誰か?

日常に潜む、身近な悩みからイノベーションのタネを見つけ出したのが、エリック・ミジコフスキーです。彼はアップルやグーグルよりも早く、スマートウォッチを開発した事業家として有名です。アイデアを考えるだけでなく、それを形にし、実現させることが成功の秘訣です。
サブスクリプションモデル

マシュー・ディクソン、ニック・トーマン、リック・デリシのおもてなし幻想の書評

顧客のロイヤルティを高めるために重要なことは、顧客の努力の軽減、すなわち顧客に手間をかけさせないことです。企業は、問題を解決するために顧客に課される作業量を減らし、喜びを与えるサービスではなくより手間のかからないサービスに注力すべきです。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました