Apple

スポンサーリンク
SX

スタートアップ協業を成功させるBMW発の新手法 ベンチャークライアント (木村将之、グレゴール・ギミー)の書評

ベンチャークライアントモデルは、企業が自社の戦略的課題を解決するためにスタートアップのソリューションを活用する効果的な手法で、これにより大企業はイノベーションをスピーディに起こせるようになります。スタートアップにとっても、大手企業との協業は市場での信頼性を高め、成長の機会を広げることになります。
Apple

まっすぐ考える 考えた瞬間、最良の答えだけに向かう頭づくり(ダリウス・フォルー)の書評

自分の思考をコントロールすることが成功への鍵であり、自己成長や目標を達成するためにはポジティブな思考力と正しい意思決定が不可欠です。思考を意識して選ぶことと、自分のコントロールできる範囲に注力することが、ストレスを減らし充実した人生を実現する基本です。
リーダー

大切なことはすべて茶道が教えてくれる。(石川雅俊)の書評

ビジネスリーダーと組織には、左脳の論理的思考と右脳の創造的思考を融合させ、アートとサイエンスのバランスを見つけることが求められます。これは、不確実で複雑な現代を生き抜く上での重要な要素です。茶道の実践を通じて、私たちは多様で複雑な課題に対して柔軟かつ創造的な解決策を導き出す能力を高めることができます。
コミュニケーション

リーダーシップに必要な2つの要素。リード・ホフマンのマスター・オブ・スケールの書評

アンジェラ・アーレンツは、高い目的を持つミッションと人間的な交流を重視するリーダーシップスタイルで、アップルの成功に貢献しました。彼女はチームメンバーに使命感と自主性を促し、組織全体の意見を尊重することで、変化を受け入れ、革新を推進しました。
イノベーション

世界最高峰の研究者たちが予測する未来 (山本康正)の書評

世界最高峰の研究者たちが予測する未来 山本康正 SBクリエイティブ 本書の要約 アップルは、金融サービスを提供することによって、顧客体験をアップさせることを重視しています。そのため、利用料を他社のサービスと比べて安く設定することで、より多く...
コミュニケーション

世界を動かすイノベーターの条件 非常識に発想し、実現できるのはなぜか?(メリッサ・A・シリング)の書評

イノベーターは、自分の信念と理想に基づいて行動し、既存の枠組みや期待を超えて新しい価値を生み出す人々です。私たちは、彼らの持つこのような独自の視点や価値観を尊重し、その可能性を最大限に引き出すことで、新しいイノベーションや価値を社会にもたらすことができるようになります。
パーパス

GROW THE PIE: パーパスと利益の二項対立を超えて、持続可能な経済を実現する (アレックス・エドマンズ)の書評

パーパスが明確な企業は、従業員が高度にモチベーションを持ち、顧客が強くブランドに囲い込まれ、さらには競合他社が簡単に模倣できない独自の価値を提供できる可能性があります。企業経営者、資産家、投資家、顧客、従業員、市民といった多様な人々が、パーパスと利益の両立を目指すことで、企業は圧倒的優位性を確保でき、莫大な売上と利益を上げられるようになるのです。
チームワーク

ストーリーテリングが経営者に不可欠な理由。トニー・ファデルのBUILDの書評

人々は物語によって感情的に結び付きやすく、論理的な情報よりもストーリーからのメッセージを受け入れやすい傾向があります。経営者はストーリーテリングを積極的に行うことで、メンバーを一つにまとめ、ビジョンを実現できるようになります。また、顧客がファンになり、自社を応援してくれるようになります。
組織

GAFAM+テスラ帝国の存亡 ビッグ・テック企業の未来はどう (田中道昭)の書評

イーロン・マスクの革新的な洞察力と先進的な企業活動により、テスラは単に自動車産業に留まらず、技術や宇宙の領域においても高い注目を集めております。現在、テスラはGAFAMに続く1社として、ビッグ・テック企業入りを果たす可能性が高まっています。
DX

ビヨンド・デジタル――企業変革の7つの必須要件(ポール・レインワンド, マハデバ・マット・マニ他)の書評

デジタルトランスフォーメーションは、単にデジタル技術を導入することではなく、ビジネスモデルや組織のあり方を根本的に変革することを指します。競争優位性を確立するためには、企業はビジネスモデルや組織文化を変革する必要があります。これを「ビヨンド・デジタル」と呼びます。
スポンサーリンク