SX

スポンサーリンク
イノベーション

「if-then」メソッドがジョブズ成功の理由?耳を貸さないリーダーに聞く耳を持たせる方法(アダム・グラント)の書評

リーダーに再考を求める社員が多くいる企業は成長します。自信過剰や強情、独善主義、反論好きになりがちな上司や同僚に物申すコツをつかんでいる人たちを活用できるリーダーが、組織を強くします。激動の時代に成功するには、認知的な駆動力だけでなく、認知的な柔軟性も求められると著者は指摘します。
イノベーション

戦略を、実行できる組織、できない組織。(クリス・マチェズニー,ショーン・コヴィー,ジム・ヒューリング)の書評

戦略を実行するためには、以下の4つの規律(4Dx)が効果を発揮します。第1の規律:最重要目標にフォーカス 第2の規律:結果を左右する先行指標に基づいて行動する 第3の規律:行動を促すスコアボードをつける 第4の規律:アカウンタビリティのリズムを生み出す。4つのDxが組織のパフォーマンスを高めてくれるのです。
サブスクリプションモデル

スポティファイのエコシステム・ディスラプションとは?アップルに勝利するその戦略とは?

アップルミュージックとのシェア争いで優位に立つスポティファイの勝因は、パートナー戦略でした。アップルがレコード会社のビジネスモデルを破壊する中、大手レコード会社はスポティファイとのパートナー戦略を強化します。その後、アーティストやポッドキャストのコンテンツホルダーを取り込むことに成功したスポティファイは成長を続けています。
イノベーション

エコシステム・ディスラプション―業界なき時代の競争戦略(ロン・アドナー)の書評

エコシステムを変えるディスラプションは、単に競争に拍車をかけるだけではなく、競争の基盤を根本から変えるゲームチェンジャーとなります。エコシステム・ディスラプションの時代を生き残るためには、戦略を変え、パートナーとの連携を意識する必要があります。顧客により良い価値提案を行うためには、パートナーとの連携を中心とするコラボレーション(協働)が重要な役割を果たします。
イノベーション

Future of Work 人と組織の論点(コーン・フェリー・ジャパン)の書評

テクノロジーなどの有形資産に投資したからといっても人的資本への投資を怠ると長期的な成功は望めません。人的資本の生み出す価値は技術投投資のそれを上回り、新たな企業文化を創出します。それらをリードしていく「ソフトスキル」が、これからの企業価値最大化の最も大切なものになっています。
イノベーション

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望 (トーマス・ラッポルト)の書評

成功している企業は、競争ではなく、市場を独占しているとピーター・ティールは指摘します。それを実現するためには自分1人の力ではあまりにも遠回りです。起業家はビジネスセンスとテクノロジーのバランスを取り、優秀な少数のメンバーを集め、彼らに責任を持って仕事をしてもらう必要があります。
イノベーション

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 (亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹)の書評

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹 かんき出版 本書の要約 ブロックチェーン、そしてその技術を利用したWeb3の社会は、一つの大きなパラダイムシフトとなり、人々の意識と...
イノベーション

21世紀を生き抜く3+1の力 (佐々木裕子)の書評

21世紀を生き抜くためには、3つのスキルを(自分で考える力・人と共創する力・自己進化する力)養うべきです。それに加え、「これから伸びる自分」を信じるということが重要になります。自分を信じることが進化する力の源であり、これを養うことで自ら変化を創り活かせる人になれるのです。
アマゾン

最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー(デヴィッド・S・エヴァンス, リチャード・シュマレンジー)の書評

マルチサイドプラットフォームが軌道に乗るためには、クリティカルマスの確保が必須になります。相互にメリットを享受できる参加者を集めなければ、プラットフォームは機能しません。価値を生み出すためには、両サイドのグールプに参加する適切な人数を集め、「ニワトリと卵問題」を解決することが重要になります。
イノベーション

企業の「成長の壁」を突破する改革 顧客起点の経営 (西口一希)の書評

「顧客の心理・多様性・変化の理解」とは、顧客を人間として捉えるとことで、顧客からの「ありがとう」を増やせます。顧客起点経営とは、顧客を人間として捉え、顧客から『ありがとう』をいただける経営を目指すことなのです。今こそ、経営者は顧客起点経営を実践すべきです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました