SX

スポンサーリンク
AI

スタートアップ協業を成功させるBMW発の新手法 ベンチャークライアント (木村将之、グレゴール・ギミー)の書評

ベンチャークライアントモデルは、企業が自社の戦略的課題を解決するためにスタートアップのソリューションを活用する効果的な手法で、これにより大企業はイノベーションをスピーディに起こせるようになります。スタートアップにとっても、大手企業との協業は市場での信頼性を高め、成長の機会を広げることになります。
イノベーション

2080年への未来地図(川口伸明)の書評

2080年への未来地図 川口伸明 技術評論社 2080年への未来地図(川口伸明)の要約 2080年の未来では、デジタル技術の進化と超長寿化によって、人々は従来のライフサイクルにとらわれず、自己啓発や新たな興味を追求することができるようになり...
フレームワーク

ATTENTION SPAN(アテンション・スパン) デジタル時代の「集中力」の科学 (グロリア・マーク)の書評

現代社会において集中力の低下は避けられない現象ですが、その影響を軽減するためには、意識的な対策が必要です。タスクの優先順位を明確にし、デジタルデバイスからの離脱時間を設け、集中力を養うことが重要です。著者のアドバイスを実践することでストレスや疲労を軽減し、より幸福で生産的な生活を送ることができるでしょう。
リーダー

超進化経営 勝ち続ける企業の5つの型 (名和高司)の書評

伝統の中には革新の萌芽が内包されています。それを読み解き、開花させ、企業自らが変態することが進化企業の腕の見せ所です。伝統だけにしがみつかず、新しい波にも飛びつかず、自社の強みから異結合を生み出すことで、自社独自のイノベーションを起こせるようになります。
リーダー

Z世代化する社会―お客様になっていく若者たち(舟津昌平)の書評

Z世代は社会の変化を敏感に察知し、現代のトレンドや問題を体現しています。著者は、若者たちが経験する悩みが上の世代の影響を強く反映していると指摘しています。そのため、大人たちは彼らにプレッシャーをかけるのではなく、良い手本を示し、彼らを育てる役割を担うべきです。
SX

Invention and Innovation 歴史に学ぶ「未来」のつくり方(バ-ツラフ・シュミル)の書評

著者は発明とイノベーションの歴史を紐解くことで、今後何をすべきかを明らかにしています。新しい技術やイノベーションを活用して環境負荷を減らし、同時に人々の生活水準を向上させることが重要です。それにより、持続可能な未来を築く基盤が整備され、世界中の人々がより豊かで健康な生活を送ることができるようになります。
SX

ファンを集められる会社だけが知っている 「ブランド人格」 (鬼木美和)の書評

「ブランド人格」の構築により、企業や個人は独自の価値観や特徴を強調し、競合との差別化ができるようになります。これは共感を得やすくし、理解されやすい関係性を築き、長期的な信頼と協力を生み出します。また、これにより新しい提案やアイデアが受け入れられやすくなります。
SX

マッキンゼー REWIRED―デジタルとAI時代を勝ち抜く企業変革の実践書 (エリック・ラマール, ケイト・スマージュ)の書評

デジタルとAIの進化により、ビジネス環境は急速に変化しています。企業がこの変化に適応し、競争力を維持するためには、ビジネスの配線をし直すこと、「REWIRED」が必要です。DXによる企業価値の向上を達成することができます。経営者は、将来の成功に向けて積極的に行動し、変革をリードする覚悟が求められます。
リーダー

マスター・オブ・スケール 世界を制したリーダーが初めて明かす 事業拡大の最強ルール(リード・ホフマン, ジューン・コーエン)の書評

起業家に必要なマインドセットには、好奇心、素早い行動力、チームワーク、そして不屈の精神力があります。正しいマインドセットを持つことで、個人や企業は顕著な成長を遂げることができます。よいパートナーを持つことで、自らの思考や物の見方を変えることができ、行動や結果にも大きな変化をもたらします。
文化

外資系データサイエンティストの知的生産術―どこへ行っても通用する人になる超基本50(山本康正,松谷恵)の書評

データサイエンティストの役割は、データを活用してビジネスの成長や課題解決に貢献することにあります。データの背景を理解し、分析結果をわかりやすく説明することで、チームの課題解決に向けた洞察や施策を提案することが重要です。この一連の作業を繰り返し行うことで、データサイエンスの効果を最大化することができます。
スポンサーリンク