SX

スポンサーリンク
DX

売れない問題 解決の公式(理央周)の書評

Product、Target、Communication頭文字をとった「PTCモデル」とPDCAサイクルを組み合わせることで、顧客理解が進み、売上がアップします。「売れる仕組み」は「何を=差異化されたプロダクト」「誰に=的確なターゲット設定」「どうやって=顧客とのコミュニケーション」の戦略を立てただけではなく、計画を実践しましょう。
イノベーション

文化を築くためにCEOが実践している4つのこと。CEOエクセレンス 一流経営者の要件の書評

リーダーは企業文化を変えることで、従業員の職場環境を徹底的につくり変え、進捗状況を規律をもって測ることができるようになります。ベストなCEOは、自分自身も変われることを言葉や行動を通じて示すことで、変革への取り組みをより一層強化できるようになるのです。
AI

CEOエクセレンス 一流経営者の要件(キャロリン・デュワー, スコット・ケラー)の書評

顧客体験を高め、社会的な意義がある会社をつくるために、ベストなCEOは大胆なマインドセットによって、勝負に勝つことの先まで見据えた、ゲームを再定義するビジョンを描いています。そのために彼らは早く、頻繁に大胆に動いているのです。彼らはM&A、事業投資、生産性改善、差別化、リソース配分などの施策をスピーディに行っていたのです。
AI

2040年の日本 (野口悠紀雄) の書評

テクノロジーが大きく進化する中で、長期視点での未来予測の重要性が高まっています。世の中の課題が複雑になる中で、ビジネスのやり方も大きく変わるはずです。未来の世界が今とは異なると考え、未来について真剣に考え、見通しを立てる必要があります。
AI

メタバースと経済の未来 (井上智洋) の書評

AIによって頭脳資本主義が到来していますが、メタバースによって、今後も頭脳資本主義が加速し、格差は今以上に拡大します。著者はそれを解決するために、国民全員に生活に必要な最低限のお金を給付する社会保障制度「ベーシックインカム」を導入すべきだと言います。
イノベーション

事業開発一気通貫 成功への3×3ステップ(秦充洋)の書評

事業開発は以下の「3サイクル×3ステップ」を一気通貫で行うべきです。[1]発想のサイクル ①事業コンセプト②顧客への提供価値③顧客検証[2]モデル化のサイクル ④バリューチェーン⑤マネタイズモデル⑥キャッシュフローモデル[3]実行と巻き込みのサイクル ⑦チームとアライアンスを育てる⑧事業とオペレーションを絶えず見直す⑨事業開発を組織で支える
SX

絆徳経営のすゝめ 〜100年続く一流企業は、なぜ絆と徳を大切にするのか?〜 (清水康一朗)の書評

絆徳(ばんとく)企業の最大の特徴は、働く幸せを実感する社員がいて、理念と経済合理性の両方を高いレベルで矛盾なく実現していることです。従業員と共に環境など社会をよくする経営を行なっていれば、リピーターが増加します。また、SNSやリアルでの口コミ効果で新規顧客も獲得できるようになります。
イノベーション

ジャーニーシフト デジタル社会を生き抜く前提条件(藤井保文)の書評

企業がジャーニーシフトを実践し、顧客の行動データを把握することで、顧客が「今どのフェーズにいるのか」も分かるようになり、最適なタイミングで最適な商品・サービスを提供できるようになります。「行動支援の時代」において、あらゆる企業は製品販売型の「バリューチェーン」から体験提供型の「バリュージャーニー」へとシフトしていく必要があるのです。
サブスクリプション

顧客体験はプロダクトに勝る(デイビッド・C・エデルマン、マーク・シンガー)の書評

顧客体験をアップさせることが企業の売上に大きな影響を及ぼしています。自動化、能動的なパーソナライゼーション、背景状況を踏まえたインタラクション、ジャーニーへのイノベーションの4つを組み合わせることで、顧客体験がアップし、競合優位性を発揮できます。
サブスクリプション

ネットワーク・エフェクト 事業とプロダクトに欠かせない強力で重要なフレームワーク (アンドリュー・チェン)の書評

サービスやプロダクトを成長させたければ、ネットワーク・エフェクト(コールドスタート理論)を活用すべきです。ネットワーク・エフェクトの5つのフレームワークを実践することで、ベンチャー企業は優位性を獲得できます。特に初期段階のコールドスタート問題を解決することが重要になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました