の書評

スポンサーリンク
イノベーション

新 失敗学 正解をつくる技術(畑村洋太郎)の書評

現代のようなVUCAの時代には、今までのような常識が通用しなくなり、自ら考え、行動しなければなりません。「正解がない時代」=「正解がいくつもある時代」には、自分たちで正解をつくっていく必要があります。自分たちで正解をつくるとは失敗を恐れずに、仮説ー実行ー検証を回していくことにほかなりません。
習慣化

究極の独学術 世界のすべての情報と対話し学ぶための技術(瀬木比呂志)の書評

精選された情報を深く受け止める、深く感じ、考えながらそれらと対話することが、自分をよりよくしてくれます。正しいインプットを心がけ、内省する時間を持ち、それを自分なりに整理し、アウトプットすることで、知識を自分ごと化できるようになります。
習慣化

あてはめるだけで“すぐ”伝わる 説明組み立て図鑑(犬塚壮志)の書評

メッセージを届ける相手にきちんとわかってもらうことで、自分が見ている世界を相手と共有できるようになります。メッセージをしっかりと伝えることで、相手の行動を変えられます。その結果、クライアントがポジティブに動いてくれるようになり、ワクワクな未来を築けるようになります。
AI

エンベデッド・ファイナンスでエコシステムを拡大するアマゾン

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる 城田真琴 東洋経済新報社 本書の要約 アマゾンが積極的に金融サービスの提供に乗り出す目的は、「エコシステムの拡大」です。出品者と消費者を増やすためには、...
イノベーション

ミッション・エコノミー:国×企業で「新しい資本主義」をつくる時代がやってきた(マリアナ・マッツカート)の書評

資本主義を変えるということは、政府のあり方、ビジネスのあり方、そして官と民の組織の関係性を変えることにほかなりません。政府自体をイノベーティブな組織に変え、パーパス志向の経済をうながすような力と能力を持たせることで、社会は再びパワーを取り戻せるのです。
習慣化

ライフハック大全 プリンシプルズ(堀正岳)の書評

毎日の行動を、数分で実践できるような小さなカタチに切り刻み、実践することで、やがて大きな変化を生み出すことができるようになります。著書はそんな小さな習慣のことを「ライフハック」と定義します。小さな行動は、最初はそれほど大きな結果を生み出せません。しかし長い目でみるとその小さな違いが、大きな変化を生み出します。
イノベーション

製品開発時に完璧を求めてはいけない理由

最初から完璧なものをつくろうとすると気が重くなり、やる気が萎えてしまいます。そんな時には、失敗を繰り返すことが成功への近道だと考え、最初の一歩のハードルを下げるのです。アイデアを頭の中に溜め込むだけでは、よい製品は決して生まれないのですから、まずはアウトプットをスタートすべきです。
イノベーション

14歳の自分に伝えたい「お金の話」(藤野英人)の書評

お金は"未来をつくる投票券"で、お金を使うときにその使い道を考えることで、世の中をよりよくできます。好きな会社をお金を通じて応援することで、よりよい未来をつくれるようになります。ソーシャルグッドな商品やサービスによって、私たちはより豊かな生活を送れるようになるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました