チャールズ・A.オライリー

スポンサーリンク
セレクト

チャールズ・A.オライリー、 マイケル・L. タッシュマンの両利きの経営の書評

両利きの経営を採用することで、大企業は中核事業を維持しながら、同時にイノベーションを起こし、新たな成長を追求できるようになります。知の深化と探索を同時に行う組織を作ることが、競争の激しい現代の経営者には求められています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました