幸福論

スポンサーリンク
習慣化

笑顔と上機嫌療法で自分を変えてみよう!

喧嘩腰で、まるで戦いにでも行くようにして近づいてくる気の小さい人も、こちらが親切な行為を示せば、すぐに安心する。つまり、雲のようにどちらからともなくお互いに近づく人間がふたりいれば、どちらか一方がまずほほえむ必要があるということだ。まず自分...
習慣化

「そのうちやる」と言う口ぐせをやめて 「今やっている」と言い換えよう!

不安はきまって今存在するもの、計画はきまって未来に存在するものである。そこから、怠け者の例の決まり文句「そのうちやる」が出てくるのだ。そうではなく、「今やっている」と言うべきだ。なぜなら、未来はまさに行動の中にあるのだから。(アラン) ...
習慣化

アランの幸福論を改めて読み返す!

言葉は、それ自体がはかりしれない力を持っている。たとえば悲しみをあおり、誇張することで、なにもかもを憂うつな気分ですっぽりと覆い隠してしまうことができる。(アラン) photo credit: forum.linvoyage.com ...
ブログ

アルコールでは幸せになれない!日常の中の幸せの時間を増やそう。

お酒と喫煙は、幸福度のもとになる経験をインスタントにあげることができますが、ただ、これは依存になるため、そのうち「慣れ」が生じて、あってもあがらなくなりますし、逆にないと下がるようになってしまいます。(勝間和代) 以前はアルコールを飲むと...
習慣化

幸福になるための睡眠法。眠る前と翌朝にワクワク感を持つことで、幸せになれる。

寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。(カール・ヒルティ) 眠る前にその日、出会った人を思い出し彼らに感謝することを私は習慣にしています。 良い話をしてくれた方に、感謝するのは当然ですが 厳しいアドバイスを...
習慣化

渡部昇一氏の「楽しい読書生活」とカール・ヒルティの「幸福論」を読むと、ハッピーになれる!

まず何よりも肝心なのは、思い切ってやり始めることである。仕事の机にすわって心を仕事に向けるという決心が、結局一番むずかしいことなのだ。一度ペンをとって、最初の一線を引くか、あるいは鍬を握って一打ちするかすれば、それでもう事柄はずっと容易にな...
習慣化

薬を10錠飲むよりも、心から笑ったほうがずっと効果があるはず。(アンネ・フランク)

薬を10錠飲むよりも、心から笑ったほうがずっと効果があるはず。(アンネ・フランク) 「幸せになるためのに薬は必要ない」と あのアンネ・フランクは私たちに教えてくれています。 幸せになるために必要なのは、実は人の笑顔なのです。多くの著者が笑顔...
スポンサーリンク