書評

スポンサーリンク
習慣化

本多静六の生き方がすごすぎる!

人は気の持ち方一つで、陽気にも陰気にもなり、愉快にも悲しくもなるものである。(本多静六) 人は気持ちの持ち方次第で、ハッピーにもなれますし、アンハッピーにもなれます。 このルールを私たちはついつい忘れがちです。 特に...
習慣化

いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学 (センディル・ムッライナタン& エルダー・シャフィール著) の書評

欠乏は心を占拠する。飢えた被験者が食べ物のことを考えたのと同じように、人はどんな欠乏でも経験すると、それに心を奪われる。心は自動的に、いやおうなく、満たされていないニーズのほうを向いてしまう 。空腹な人の場合、そのニーズは食べ物だ。多忙な人...
習慣化

砂糖を食べると老化するのか?砂糖というがん細胞増殖キャンディーを食べないという選択。

砂糖などの甘味料は毒物です。糖尿病、肥満、心臓病、がんを引き起こします。1人当たり消費量は現在、年68キロ以上に達します。糖類の過剰摂取で多くの人が死んでいます。コカインやヘロインなど危険な薬物の服用で死ぬ人を上回るほどです。糖類について「...
Apple

何かを捨てないと前に進めない!スティーブ・ジョブズ名語録(桑原晃弥著)の書評

次にどんな夢を描けるか、それがいつも重要だ。(スティーブ・ジョブズ)スティーブ・ジョブズ名語録(桑原晃弥著)を那覇への移動の飛行機で読みました。Appleのスティーブ・ジョブズの名言を桑原晃弥氏が解説した一冊でここから、多くの気づきを得るこ...
習慣化

ポール・J・マイヤーの成功の5原則。

パーソナル ・モティベーションとは、「自分が立てた目標を達成するために、われとわが身を行動にかり立てる力 」のことです。心の中に秘められた力と、心の中にはっきりととらえている意思の力、あふれるばかりの願望、そして、目標を達成させずにはおかな...
習慣化

アルコール依存から脱出するための習慣力の使い方。良い習慣、悪い習慣(ジェレミー・ディーン著)の書評

残念ながら、新しい習慣ができても、古い習慣は基本的に消え失せない 。昔からなじみのコンテクストは、古い行動パターンのきっかけとなる力をなお備えている。だいたい似ている程度のコンテクストでも危ないことがある。強いニーズを満たしたり、短期間で問...
習慣化

ワールド・オブ・サクセス(ポール・J・マイヤー著)の書評

エジソンは発明にほれこみました。フォードは自動車にほれこみました。ライト兄弟は飛行機にほれこみました。自分が何に熱中しているかに、大いに注意を払ってください。なぜなら、それは必ず実現するからです。(ポール・J・マイヤー) 最近、モチベーター...
習慣化

オウィディウスと苫米地英人に教わるチャンスの見つけ方

チャンスはどこにでもある。釣り糸を垂れて常に用意せよ。こんな所では釣れないだろうと思うところにこそ、魚はいる。(オウィディウス) 自分を大きく変える 偉人たち、100の言葉(苫米地英人著)の中には 素晴らしい言葉が幾つも紹介されていますが ...
習慣化

習慣化には、実は21日以上かかる!良い習慣、悪い習慣(ジェレミー・ディーン)の書評

習慣とは暴力的で不誠実な女教師である。われわれのなかに少しずつ、ひそかに、みずからの権威の足がかりを築く。しかし、時間の助けを借りながら、最初はこうして穏やかに、かつ謙虚にそれを植えつけてしまうと、ほどなく、猛り狂った暴君のような顔を露わに...
習慣化

座り続けることは悪なのか? 座らない!: 成果を出し続ける人の健康習慣(トム・ラス著)の書評

組織のリーダーであるからこそ、正しく食べて、よく体を動かし、しっかり眠らなければなりません。経営者として成果を出すためです。寝不足になったり、運動をサボったりしたら?その場合は「社員を大切に扱う」「良いアイデアを思いつく」「午後に高度な...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました