書評

スポンサーリンク
イノベーション

地域の課題を解決するクリエイティブディレクション術 (田中淳一)の書評

地方の企業や自治体に足りていないのは伝えることです。彼らが適切な情報発信を行えば、日本の様々な地域の可能性が広がります。地域産品を売ること、観光、移住定住など含め、これからの地域経済を動かすためには、情報発信とクリエイティブの力を高めることが欠かせません。
AI

DX CX SX ―― 挑戦するすべての企業に爆発的な成長をもたらす経営の思考法(八子知礼)の書評

10年後からバックキャスティングすれば、多くに課題が見えてきます。ITの進化や人口減で人材不足が当たり前になる中、DXは避けて通れません。自らの業務フローを見直し、全体最適の視点から、スピーディなDX推進を行うべきです。DXによって業務をボーダレス化させ成長スピードをアップさせることも可能です。
イノベーション

エフェクチュエーション:市場創造の実効理論(サラス・サラスバシー)の書評

エフェクチュエーションに基づく行為者は、予測できない出来事を、「出現しつつある状況をコントロールするための練習の機会」として扱うことで、不確実性を梃子として活用します。「原因と結果」の関係を理解することが全くできないような状況におかれている起業家は、エフェクチュエーションの5つの原則を採用すべきです。
哲学

マルクス・ガブリエル 新時代に生きる「道徳哲学」の書評

他人との関係において適切なバランスを取ることが「道徳哲学」ですが、今こそ、私たちは人と人との良いバランス関係について探究する必要があります。他者の視点を取り入れることで、私たちは自分の視野を広げることができるのです。
イノベーション

起業家の思考法――「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法(平尾丈)の書評

起業家の思考法は、①発見力 ②別解力 ③実現力 ④失敗力 ⑤成長力の5つの力で成り立っています。特に別解力が重要で、この力を鍛えることでイノベーションを起こせるようになります。「自分らしいやり方」「優れたやり方」「別のやり方」を融合することで、他者には真似できない圧倒的な「別解」を見出せます。
イノベーション

迫りくる大きな現実を見つめよ(ピーター・センゲ)の書評

サプライチェーンの抜本的改革が求められる時代における企業経営の課題を解決するためには、組織の境界を超えることができるリーダーの育成が欠かせません。部分最適ではなく、システム全体から正しい答えを見つけるシステム思考と多くの人から学ぶことができるリーダーが、複雑になった世の中の課題を解決します。
イノベーション

学習する組織論(ピーター・センゲ)の書評

学習する組織に必要な5つのディシプリンを実践することで、一生涯学び続けるようになります。学習すればするほど、自分の無知をより強く感じるようになり、学びを続けたくなります。システム思考がその潜在能力を発揮するためには、共有ビジョンの構築やメンタル・モデルへの対処、チーム学習、自己マスタリーが欠かせません。
イノベーション

ピザ屋を呼んだら、そのまま帰すな!:ラクして成果を出す、万能「仕事力」の高め方 (近藤直樹,岩堀禎廣)の書評

過去に基づく限られた成功に引きずられるよりも、過去を利用した創作的な発想に基づく予測不可能な成功を目指すことで、組織の力を引き出せます。未来は予測できないのですから、チャレンジし、失敗を積み重ねた方が、自社の可能性を広げてくれます。
書評

ルトワックの日本改造論 (エドワード・ルトワック)の書評

国家が戦略を実行するためには、若い世代のパワーが欠かせません。若者の絶対数が少ない状況では、国家のために戦おうとする戦力そのものが足りなくなります。国防という視点で考えても、少子化対策の優先度が高いことがわかります。日本は北朝鮮、中国、ロシアという独裁者に囲まれた国であることを忘れないようにすべきです。
哲学

わかりあえない他者と生きる 差異と分断を乗り越える哲学 (マルクス・ガブリエル)の書評

わかりあえない他者とは対話の機会を持つべきです。異なる立場にいる相手にこそ、友好的に接する必要があります。社会の分断が進む中、お互いの違いを攻撃するのではなく、違いを受け入れ、オープンマインドになることが求められています。相手の尊厳を軽視するのをやめ、他者の内に人間性を見出しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました