犬塚壮志

スポンサーリンク
リーダー

交渉力を身につけるために必要な3つのルールと5つのセオリー。頭のいい人の対人関係 誰とでも対等な関係を築く交渉術(犬塚壮志)の書評

著者の犬塚壮志氏は頭のいい人を、対人関係を交渉によってつくっている人たちだと定義します。有利な交渉をすることで、ビジネスでも結果を出せるだけでなく、相手を笑顔にさせてしまうのです。交渉力のある人には次の5つの特徴があります。1,相手に交渉の開始と終了を気づかせない 2,相手とぶつからない 3,身を守ることを最優先にする 4,“All-Win”を目指している 5,目的にフォーカスして手段を選択する
習慣化

あてはめるだけで“すぐ”伝わる 説明組み立て図鑑(犬塚壮志)の書評

メッセージを届ける相手にきちんとわかってもらうことで、自分が見ている世界を相手と共有できるようになります。メッセージをしっかりと伝えることで、相手の行動を変えられます。その結果、クライアントがポジティブに動いてくれるようになり、ワクワクな未来を築けるようになります。
習慣化

犬塚壮志氏の理系読書 読書効率を最大化する超合理化サイクルの書評

理系読書とは、「問題発見力」と「仮説思考力」により、読むべき場所をあらかじめ決め、自分の課題を解決する読書法です。理系読書により、短時間で本を読み、 ROIを最大化することができます。「読む」「やってみる」「確かめる」の3つのサイクルを回すことで、結果を出せるようになります。
習慣化

犬塚壮志氏のカリスマ予備校講師が初公開! 感動する説明「すぐできる」型の書評

「この人の話、めちゃくちゃおもしろい!」そう思われると、人生の舞台が広がっていくのです。(犬塚壮志) School photo created by rawpixel.com - www.freepik.com 相手を感動さ...
習慣化

犬塚壮志氏の東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まるの書評

シビアに聞こえるかもしれませんが、自分がこれから伝えていくことの目的を初めに理解しておいてもらわないと、結果的にお互い不幸になります。(犬塚壮志) Designed by Jannoon028 IKPOLETのフレームワーク...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました