SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

スポンサーリンク
習慣化

炎症反応を抑えるために、アーシングを取り入れよう!

いま、病院を訪れる人の90パーセント以上は、ストレスや炎症に関係する病を抱えている。ストレスと炎症は密接に関係していて、主な病気のほとんどに多大な影響を与えている。(ショーン・スティーブンソン) photo credit: dav...
習慣化

慢性的な時差ボケ状態を避ける方法。

早く寝て早く起きれば、体内時計と地球の日周期が同期する。そのほうが、明るいうちに眠ろうとするよりも健康的だ。(トレーシー・マークス) photo credit: aaronrhawkins Stepping Into the Fut...
習慣化

副交感神経のスイッチをオンにして、気分転換しよう!

食べものは大切だが、食べものなしで数週間は生きられる。水も大切だが、水なしでも数日は生きられる。だが、酸素がなければ数分しか生きられない。酸素は、私たちの健康と生存にとって何よりも欠かせないものだ。呼吸を通じて体内に取り込むが、ほとんどの人...
習慣化

瞑想を習慣にすると幸せになれる??

人はベッドに入ると、自分の人生の何かについて考えを巡らせる。時間、場所、人、理由、出来事、やり方などが思い浮かんでくるが、本来なら眠らないといけないはずだ。こういう経験に覚えがある人は、「心のおしゃべり」という深刻な問題を抱えている。といっ...
習慣化

仰向けに寝る、枕を使わない生活をスタートしました!

寝ているときは、背骨を安定させる姿勢をとることが大切だ。優秀なカイロプラクターなら、背骨を走る中枢神経が体内の主要器官のすべてに直接つながっていることを教えてくれる。背骨が変に歪んで脳と身体の情報のやりとりが途切れれば、深刻な問題が慢性的に...
習慣化

飲み過ぎが睡眠の質を下げ、アルツハイマーになるリスクを高める??

記憶の整理は、睡眠中に複数回訪れるレム睡眠の影響を強く受ける。レム睡眠を十分にとれていればいいが、そこに邪魔が入ると、記憶と健康が被害を被ることになる。アルコールを夜に飲むと寝つきが早くなることは、研究で実証されている。これはいい話だが...
習慣化

夜のスマホの弊害を整理してみた!

もしも睡眠時間を減らしたなら、その分、生産性のある時間を得られると考えるかもしれません。しかし、その生産性はまやかしだ。(ジェフ・ベゾス) photo credit: Sole Treadmill smartphone via ph...
習慣化

ミエリンは運動によって強化され、行動の習慣化を促す。

人間は習慣と住環境から成り立つ生き物だ。人間の脳はいつでもパターンを探している。ある環境におかれたときの行動をパターンとして認識すれば、その環境に身をおくだけで自動的にその行動をとれるようになるからだ。同じ行動をしばらく続けると、「この時間...
習慣化

夜のカフェイン摂取があなたの睡眠の質を下げる?

仕事を終えた帰り道にマグカップー杯のコーヒーを飲むと、睡眠に悪影響が生まれ、その影響力は寝る前にカフェインを摂取する場合と同等と思われる。(クリストファー・ドレイク) photo credit: michael.paul Dogwo...
習慣化

Facebookと睡眠のどちらを優先するか?

ここで大切になるのが「意識」だ。フエイスブックを見ているときに脳内で何が起きるかを意識する。これが悪い習慣から抜けだす第一歩だ。脳内で何が起きるかを意識すると、探し求める行為をしている自分に気づくようになる。インターネットというブラックホー...
スポンサーリンク