新しいことにチャレンジする時に
行動を邪魔する最大の障害は、恐怖心かもしれません。
私たちはどうすれば、この恐怖心を克服できるのでしょうか?
スクリーンショット 2015-01-13 6.34.46

オグ・マンディーノ世界最強の商人には
この恐怖心を克服する方法が書かれています。

私の行動を引き止め、遅らせるものは、恐怖心から生まれる。どんなに勇気のある人でも、心の奥底にはこの恐怖心があるのを、私は知っている。恐怖心を克服するには「ためらわずに、今直ちに行動する」ことだ。そうすれば、心の動揺も消えるのを私は知っている。行動すれば、ライオンのような恐怖心もアリのように小さくなって、心が落ち着いていくことも私は知っている。

ONCE DONE IS HALF DONE!
一度始めてしまえば、半分は終わったようなものだ。)という
英語の諺からもわかるように、行動こそが人生を変えるポイントなのです。
とにかく言い訳をつぶして、行動を起こしましょう。
やれない理由を書き出すと、頭で考えていた難しさが消え去ります。
書き出すことで具体的な解決策が見つかったりします。

仲間に相談するなど、その場でできることをすれば
やがては、解決策が引き寄せられてきます。
悩んでいるだけでは、不可能だと思えていたものが
少し行動を起こすことで実現できそうに思えてくるのです。

そして、行動するためにはできるだけ気分を明るくすることです。
オグ・マンディーノはそのための方法も教えてくれています。

もし、気分が沈んでいたら、歌おう。もし、悲しかったら、笑おう。もし、気分が悪かったら、仕事を倍にしよう。もし、怖かったら、頭から飛びこんでゆこう。もし、劣等感を感じたら、新しい服に着替えよう。もし、自信を失ったら、声を高めよう。もし、貧しさを感じたら、来るべき富を考えよう。もし、能力に自信をなくしたら、過去の成功例を思い出そう。もし、卑屈になっていたら、自分の目標を思い出そう。

この、行動指針は覚えておくとよいでしょう。
実際、悲しく感じたら、鏡の前で笑うと効果が出ます。
毎朝、鏡の前で笑顔の練習をするだけで、気持ちが明るくなります!

能力に自信をなくしたのなら、過去の成功事例を思い出すのもよいでしょう。
私の場合は、過去のブログ記事を読み返して
凄いかも!と自分を褒めるようにしています。
ブログ記事が2000本近くになっているのは
私にとっては、大きな自信になっています。

毎日のコツコツが、私の人生を良い方向に変え始めています。
良い習慣の継続が、一日を気持ちよくスタートできるキッカケになり始めました。
鏡の前での笑顔やブログを書くなどの行動を起こすことで
恐怖心を撃退できるようになったのです。
脳は時間があるとやらない理由を探します。
そして、恐怖心は考えれば考えるほど大きくなりますから
行動することで、脳にその時間を与えなければよいのです。
行動こそが頭に浮かんだ恐怖心を撃退してくれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

  

photo credit: Meslow2 via photopin cc

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る