睡眠不足はアルツハイマーのリスクを高める!?

習慣化

メラトニンには免疫力を高めたり、老化を進める原因となる活性酸素を消去する働きもありますが、年齢とともにその分泌量は減少します。自らの働きかけでメラトニンを増やすには、朝、決まった時間に起きてすぐに力ーテンを開け、しっかりと太陽光を浴びることがなにより効果的です。(満尾正)


photo credit: the-mm Shhhh! Sleeping via photopin (license)

若いと言われる人があたりまえにやっている16の老けない習慣書評ブログを続けます。
老化を防ぐためには、睡眠にも気を使わなけれなりません。
私たちは「食事」「運動」「睡眠」「心の持ち方」を意識すれば、心と体を若く保てます。
良質な睡眠によって、私たちは幸せな時間を過ごせるようになりますが
その際、キーになるのがメラトニンです。

このブログでも、何度も紹介しています
メラトニンは夜にスムーズな眠りを促してくれます。
朝強い光を浴びれば、私たちはメラトニンを上手にコントロールできます。
目の網膜から脳の体内時計に指令が届き、体が目覚めます。
目覚めてから14時間前後にメラトニンが大量に分泌し
その2時間後には分泌がピークになり、しっかりと眠れるようになります。
朝起きたら、カーテンを思いっきり開け、太陽光を体に取り込みましょう。
この習慣があなたに良質な睡眠を与えてくれます。

睡眠中には皮膚や組織の修復を行う「成長ホルモン」が集中的に分泌されます。
この「成長ホルモン」は、子供だけでなく成人になっても
新陳代謝のために日々活躍してくれています。
特にこの成長ホルモンの分泌は、深夜0時ごろにピークを迎えます。
夜の10時から翌2時までが睡眠のゴールデンタイムと言われる所以です。
この時間に眠ることで、私たちは老化を防げるのです。

また、睡眠がアルツハイマーにも影響を及ぼすことがわかってきました。
米国ロチエスター医療大学の共同センター長のメイケン・ネダーガード博士とその研究チームは
脳細胞内の老廃物を洗い流すという機能が、深い睡眠時に活発に働くことを発見しました。
この「お掃除システム」は、起きているときに比べて
なんと10倍も活性化していることが明らかになっています。

「睡眠不足」は、脳内の老廃物を排出出来ずに溜め込んでいる状態なのです。
ついつい夜遅くまで頑張ってしまうのが、私たち日本人ですが
睡眠に対する意識を変えないと大変なことになります。
7時間以下の短い睡眠を続けていると、アルツハイマーになるリスクが高まります。
早寝早起きを習慣にして、良質な睡眠をとるようにしましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント