小林正観氏の「ありがとうの神様」の書評

自分の価値観だけで、相手とコミュニケーションしてもうまくいきません。
自分を正当化し、相手と接すると、やがては相手への憎しみや怒りが生まれます。
もし、周りとギスギスしているとあなたが感じたら
すぐに、一回大きな深呼吸をして、自分を見つめ直しましょう。
自分の気持ちを落ち着かせることで、トラブルを避けることができるのです。
スクリーンショット 2015-04-06 18.52.27
相手ともめたくなければ、時には自分の考えをチェックすることも必要になります。
相手の立場に立って、自分の言動や思考を見直し
悪い点が見つかったら、どんどん修正していきましょう。
小林正観氏はありがとうの神様の中で
自分が間違っていると思えれば、怒りや憎しみは湧いてこないと書いています。
自分の感情を上手にコントロールするためには
正義感や使命感を振りかざさないことがポイントになるのです。

「自分は正しい」と思っていれば、必ずそこに、怒りや憎しみや、攻撃の心が湧いてきます。一方で、 「自分は間違っているかもしれない 」と思っていれば、怒りや憎しみや攻撃的な心は湧いてきません。そう考えると、怒りや憎しみの源泉は、正義感や使命感に立脚している可能性が高い。(小林正観)

正義感や使命感を持つこと自体は悪くないのですが
それを人に押し付けては、いけないのです。
自分の尺度は自分だけのもので、人には使ってはいけないという小林氏のメッセージが響きました。

正義や使命を持つのも、正義や使命を感じるのもよい。ですが、それを他人に対して振り回してしまうと、まわりはとてもつらい状態になり、心地の悪い思いをします。「感」を振り回すと、まわりの人を傷つけます。「感(カン)は、振り回さずにゴミ箱へ」。これは、私がいつも笑いながら言っている言葉です。

感(カン)は、振り回さずにゴミ箱へ」という言葉は、是非覚えておきたいですね。
いつも私たちは自分が正しいと思いがちですが
相手も同じように自分を正当化しています。
この状態に気付きさえすれば、相手との関係を変えられるはずです。
いつでも相手を立てるようにすれば
あなたは敵を減らし、味方を一人増やすことになるのです。

私たちは、自分の怒りや憎しみは「正当である」と思い、相手の怒りや憎しみは「間違っている」と思いがちです。しかし、自分が間違っていると思いながら争いを起こす人は、世の中にはいません。「私は全部正しい」と思う心が争いを引き起こしているのです。

怒らないことはとても難しいことなのですが
もしかしたら、自分が間違っているのでは?」と
一瞬でも思い謙虚になれれば、怒りは減らせそうです。
謙虚になれとよく、親から学生の頃よく言われましたが
当時は謙虚の意味がわかっていなかったかもしれません。
今日、小林正観氏の謙虚の定義を読めたことで、私は少し成長できたようです。

どんなときでも、怒らないこと。どんなときでも、相手を憎まないこと。「もしかしたら、私が間違っているのではないだろうか」と思い続けることが、「謙虚」ということではないでしょうか。謙虚さとは、自分がどう生きるかを、自分に課して生きていくことです。自分の価値観を他人に押しつけたときに、まわりのものが見えなくなる気がします。

『朝、「ありがとう」を言うと、脳が1日中その現象を探そうとする』
『「頼まれごと」をただやって、どんな問題が起こっても、すべてに「ありがとう」と感謝する』
『不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句」を言わないことで、神様が味方をしてくれてる 』など
本書には小林氏の良い言葉が。数多く紹介されています。
読むだけで心が落ち着き、行動を変えたくなる一冊なので、ぜひお読みください。

  

photo credit: Life Sized Fairy! via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る