• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

知識の真髄は、もつだけでなく使うところにある。(孔子)

スクリーンショット 2015-12-14 17.47.33

名著新1分間マネジャー――部下を成長させる3つの秘訣
ケン・ブランチャード&スペンサー・ジョンソン著)を数年ぶりに読み返しています。
Kindleで本書と関連本をいくつか見つけ、早速購入し、読了しました。
マネージャーの必要な目標設計、部下との接し方などが
コンパクトにまとめられているため
本書を読むことで多くの悩みを解決できるはずです。

本来であれば、本書を繰り返し読むことで、私はもっと成長できたはずですが
私はこの本書の存在を忘れてしまい、時間を無駄にしていました。
短時間で読めるお手本があったのですから、もっともっと本書を活用すべきでした。
時短を考えるなら、本書を読むことがその解決策になります。
(本書を読めば、マネジメントの書籍は他に必要がないことがわかります。)

世界中のマネジャーのほとんどが、今までのやり方を変えず、結果か人間のどちらかをもっぱら優先しているように思われた。結果にこだわるマネジャーは 「独裁的、人にこだわるマネジャーは 「民主的」と呼ばれることが多いようだった。

本書は優秀なマネージャーを探す物語で、この象徴的な言葉から始まります。
マネージャーは、独裁的でも、民主的でも成功しないのです。
成功するマネージャーは、みんなの才能を引き出せる人だという定義と
自分に満足すれば、良い仕事ができるという1分間マネージャーの考え方に共感しました。

優秀なマネージャーになるためには、3つの秘訣があると紹介されています。
極端な話、マネージャーは、これだけ覚えればよいのです。
■1分間の目標設定
1分間で読み返せる短い目標をヒアリングしながら一緒にまとめる。
すぐれたパフォーマンスとは何か?を的確に部下に指示するようにする。
自分にとって最も重要な目標に絞り込む。(選択と集中)
そして、ヒアリングしながら、部下に自分で考える習慣をつけさせる。
1分間で現在の自分の進捗を確認し
行動が目標からずれていたら、見直しを促し、改善させる。
■1分間称賛法
良い行動を見つけたらできるだけすぐにその場でほめる。
それも極力具体的な言葉でほめることが重要。
何をうまくやったのかをはっきりとさせ、部下の力を最大限引き出させる。
その際、部下が自分の力で勝ち取ったと感じさせることが、部下の自信につながる。
また、自分部下の行動に対して、どんなに喜んでいるかを伝え、その気持ちを分かち合う。
■1分間修正法(※以前は1分間叱責法でした。)
修正が必要なときは、原因となった失敗直後にすぐに伝える。
事実を確認した上で、一緒にミスを振り返る。
検証は具体的に行う。
部下のミスによる影響について、自分がどう感じているかを伝える。
また、ミスは取り返せるなどサポートを忘れない。
信頼していることを相手に伝え、軌道修正をしっかりと行う。

この3つの秘訣を活用することで、私たちは組織を強くできるのです。
本書を定期的に読むことで、リーダーの役割も再認識できるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: Reach [Day 18/365] via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る