人生の時間は限られている。他人の人生を生きることで時間を無駄にしてはいけない。(スティーブ・ジョブズ)

スクリーンショット 2016-02-05 22.00.29
「みんなと同じ」選択は、他人の人生を生きるのと同じです。
それでは自分の人生を生きているとはといえません。
どう働くのか?
何に時間やお金を使うのか?
それを決めるのは、結局は自分自身なのです。
みんなという基準が日本人は大好きで、何かと他人の目を気にします。
以前の私もこの「みんな信仰」にやられていました。
子供の時は人と違ったことをしたいというROCK少年だった私ですが
年を重ねるうちにいつしか先延ばしや言い訳の天才になっていて
自分のやりたいことをやらずに、時間を浪費していました。

実は、「みんな」は自分の頭の中で作り出した勝手なイメージで、存在しません。
あるいはメディアの情報を鵜呑みにした幻想です。
そんなイメージに振り回されていたら、人生はつまらなくなります。
自分の価値に基づいて生きるほうがはるかにハッピーです。
やりたいことは人それぞれですから、他人の目など気にしなければよいのです。
やりたいことをしっかりと定義しておけば、選択するときにぶれなくなります。

もし幸せになるために誰かを頼っていたら、あなたは奴隷になり、隷属し、とらわれの身となる。そして、あなたは多くの人々に頼っている。彼らはみなあなたの影の主人となり、その見返りに、あなたを搾取しているのだ。(バグワン・シュリ・ラジニーシ)

人生を楽しむためには、人の奴隷にならないことが肝心です。
マスメディアや「みんな」という幻想に
支配されない自分をつくることで、私たちは、幸せになれるのです。
他人の価値観で生きるのをやめて、自分の人生を取り戻すのです。

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから。自分が愛せるものを見つけなければならない。(スティーブ・ジョブズ)

逆に考えれば、自分が愛せるものを見つければ、幸せになれるのです。
自分が何にワクワクするのかを見つけることが人生を楽しくする秘訣です。

そのために、時間を作っていろいろな体験をすべきです。
海外に出かけたり、起業したり、夢を持つ人に会うことで
幸せになるヒントが見つかります。

他人を変えるのは不可能よ。でも自分を変えることはできるわ。(オプラ・ウィンフリー)

自分を変えるヒントを見つける旅を続ければ、やがては答えが見つかります。
あとは夢の実現に向けて、最初の一歩を踏み出せばよいのです。
この小さな歩みを止めなければ、徐々に達成感を味わえます。
この繰り返しによって、私たちは未来をワクワクなものに変えられます。
「みんな」に流されずに、自分のやりたいことをできるだけ早く見つけて
人生をより良いものにしていきましょう。

並みの人間と同じことをしていたら、並みの人間にしかなれない。(中村文昭)

自分の好きなことをあきらめずに続けることで、とてつもない結果を得られます。

並みの人間から脱出をするためにも、一つのことに集中し 他者に負けない強みをつくりだしましょう!

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。(スティーブ・ジョブズ)

自分の直感を磨いて、自分らしい人生をつくることで、人は幸福になれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る