• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

楽しみは、馬の背の上、本の中、そして女の腕の中。(アラブのことわざ)

スクリーンショット 2016-02-20 17.08.54

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法出口治明著)を読むと、読書の魅力を実感できます。
本好きの経営者として有名な出口氏の読書術だけでなく、教養の高め方も学べます。
冒頭のアラブのことわざによって、アラブ人が本を大切にしてきたことがわかります。

女性と時間をともにするより、本のほうが、楽しい。このことわざは、言い得て妙です。読書の楽しさを伝える至言だと思います。 砂漠のアラブの戦士にとって、馬は生活の手段であるばかりではなく、誇りと栄誉の象徴です。ですから、馬の背の上に座ること(馬を上手に扱うこと)は、何よりも楽しい。そして2番目が「本」で、3番目が「女性」。「本」が「女性」よりも上位にくるのは、本が知的好奇心を満たしてくれるからでしょう。(出口治明)

せっかく人として生まれてきたのですから、知的向上心を満足させたいものです。
本がなければ、私たちの人生は無味乾燥なものになってしまいます。

知的好奇心を満たすことは、人生の醍醐味である。そう考えたアラブ人に、私も共感を覚えます。キリスト教の長期間にわたる焚書(異教の思想を弾圧するために書物を焼き捨てること)にもかかわらず、ギリシャやローマの古典が生き残ったのは、イスラーム世界で大切に保存されていたからです。つまり、アラブ人が異常な「本好き」だったからなのです。

アラブ人が無類な本好きだったから、ギリシャやローマの古典が残り
私たちは、過去の賢人との対話を楽しめるのです。

知的好奇心を満たすことは、人生の醍醐味だという出口氏の言葉には共感を覚えます。
より良い人生を送るためには、教養を高める必要があります。
読書を通じて、思考の材料になる知識や体験を集めることで
人生の正しい選択ができるようになるのです。

人間が、この社会でより良い生活を送るためには、この日々の選択を少しでも正しいものにするために、自助努力 (勉強)が必要です。日々の選択の判断材料となるのが 、「教養」です。
・教育……生きていくために必要な最低限の武器を与えること
・教養……より良い生活を送るために、思考の材料となる情報を身に付けること
ストックしてある知識や情報の量が多ければ多いほど、思考や直感など脳の活動の精度は高くなります。だから私たちは、たくさんの教養を身につけておく必要があるのです。

島崎藤村は、教養を高めるためには3つの方法があるといいます。
有名な「三智」という考え方で、本を読むこと、人に会うこと、体験することで
私たちは、人生をより良いものに変えられるのです。

人の世に三智がある。学んで得る 智人と交って得る 智みづからの体験によって得る智がそれである(島崎藤村)

旅に出たり、人に会うよりも効率的に教養を高められるのが読書なのです。
実際に、自分で体験しなくても、情報量を増やせるのが読書なのです。

出口氏は読書には、5つのメリットがあると書いています。

①何百年も読み継がれたもの(古典)は当たりはずれが少ない
②コストと時間がかからない
③場所を選ばず、どこでも情報が手に入る
④時間軸と空間軸が圧倒的に広くて深い
⑤実体験にも勝るイメージが得られる

リアルのオバマ大統領に会いに行くのは、ハードルが高いですが
本を読めば、リンカーン大統領などの過去の偉人とも知り合えるのです。
読書によって、私たちは空間と時間の壁をあっという間に乗り越えられ
自分の世界をどんどん広げられるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   スクリーンショット 2016-02-14 14.42.41 

photo credit: the rider via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る