多読でいろいろな脳番地を刺激しよう!

習慣化

いちどきに、数種類の別な本を読むというのも、よく知られた戦略だ。飽きないためばかりではない。むしろ、複数の本を同時並行した方が、読める分量も確実に増えるからだ。実際、一部の小説を除いては、何をおいても読み続けなければ、という気にさせる本は少ない。また、そういう読み方が良いとは限らない。むしろ小説以外の書籍は、本の世界に没入しすぎずに、書いてある事柄に対して疑問を感じたり、それを自分で考えてみたり、など、現実と本との間を往還する読み方をしなければならない。そういう内心の対話・思考を続けると疲れてくるから、別な種類の本を読んで脳の違った部分を刺激する。(吉岡友治)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-15-25-37
吉岡友治
氏の「眼力」をつける読書術書評ブログを続けます。
私も併読派なので、数種類の本を同時に読むという吉岡氏の読書術に
とても共感を覚えました。
複数の本を同時に読むほうが、読書量を確かに増やせます。
気分を変えながら読書をすることで、難しい本も読了できるようになります。

頭を切り替えながら、いろいろな著者と対話することで脳が活性化し
自分の考えや意見が固まっていきます。
多読を心がけることで、関連書や著者のオススメ本が見つかり
様々なカテゴリーの本を読めるようになるのです。

以前の私はたくさんの本を携帯していましたが
Kindleが普及したおかげで、私のカバンは一気に軽くなりました。
読みたい本をいつでもどこでも読めるようになったのです。
Kindleを開くだけで、多くの著者の書籍を楽しめるので
私は移動中などの隙間時間を活用して、読書時間を最大化しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「眼力」をつける読書術
価格:1620円(税込、送料別) (2016/11/12時点)

当然のことだが、自分が良いと思った本は必ず座右に置いて参照する。自分にぴったりだと感じられる本は、なかなか現れない。だから、何度も読み返す価値がある。何か気に入った表現を見つけたら、そこに付箋を貼っておき、とにかく何回も見直す。そのうちに、その表現は自分の中にインストールされ、何か新しい事態に対面したときに、「あ、これに応用できる」と、そのフレーズを使って考えるようになる。

吉岡氏は良書を自分の座右に置けと言います。
kindleならいつでも好きな著書の言葉を読み返せます。
著者の知識や体験を自分の中に何度もインストールすることで
自分の価値を高められるのです。

私はこの書評ブログを書き続けたおかげで
著者の言葉を絶えず切り取っています。
それらをまとめてブログで整理することで
著者の思考や言葉を自分ごと化できるようになったのです。
その結果、私の会話は以前より面白くなり、雑談力も高まりました。
書評ブログが私のビジネスに良い影響を及ぼしているのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
吉岡友治氏の「眼力」をつける読書術書評ブログはこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
       

photo credit: fidepus Afternoon Delight via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント