クラーク博士は、アルコールを嗜んでいて、当時日本では珍しかったウイスキーを、1年分、晩酌用に日本に持ってきていました。学生を集めて、クラーク博士は、1年分のウイスキーを全て並べさせました。そして何も言わずに、瞬く間にハンマーで全てのウイスキーの瓶を叩き割ったのです。自分も大好きなアルコールを断つから、君たちも酒をやめろと、自らの即断の行動力で学生たちに示したのでした。(松本幸夫)

スクリーンショット 2016-06-06 6.30.41
「1秒」の小さな習慣が人生を変える(松本幸夫著)の中に
クラーク博士の素晴らしい行動が紹介されていました。
新島襄の紹介により、日本政府の熱烈な要請を受けて
札幌農学校に赴任したクラーク博士は
酒を飲んで授業を聞かない日本人学生が許せなかったそうです。
何度も注意したクラーク博士はついに、自分の好きな酒を断つことを決め
貴重なウイスキー(彼の楽しみ)をすべて捨てることを決意します。
大好きだったアルコールを日本の学生のためにやめてしまったのです。
この決断によって、学生の態度は一気に変わり、クラーク博士の名声を高めていくのです。

ロ先だけの現在の教育者とは、モノが違います。それができるのは、自分から率先して「1秒」で行動する、やるべき時にはしっかりやり遂げるという習慣があるからです。ロだけで、ああしろ、こうしろ、禁酒しろとは、誰でも言えます。しかし、相手に勇気を示すために、大胆に行動するという習慣こそ、クラーク博士から学べることではないでしょうか?

私も9年前に断酒したのですが、その時は半年以上苦しい日々を過ごしました。
しかし、断酒したおかげで、自分の時間を持てるようになり
やりたいことができるようになったのです。

日本の学生のために大好きな酒を断つというのは、なかなかできることではありません。
一瞬の決断で、学生を変えようとしたクラーク博士からリーダーの資質を学べました。
人を動かしたいなら、まずは自分が見本とならなければなりません。
空気を一瞬で変えたクラーク博士のスピーディな決断力を見習いたいものです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
松本幸夫氏の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: Birmingham New Street Station – Stop sign – outside Platform 7A via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る