失敗から簡単に立ち直る方法

昔を振り返るのはここでやめにしよう。大切なのは明日何が起きるかだ。(スティーブ・ジョブズ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-17-05-55
私たちは、過去の成功や失敗体験に捉われすぎかもしれません。
私たちの脳は絶えずいろいろなことを思考しますが
その多くが過去を振り返ることに費やされています。

スティーブ・ジョブズが言うように、過去に捉われることをやめて
明日何が起きるかを考えたほうが、はるかに生産的です。
過去を振り返り、後悔することは、時間の無駄でしかありません。
多くの人は過去の失敗を気にしすぎ、それを頭の中でどんどん膨らませていきます。
「あの失敗は最悪だった」「次も失敗するはずだ」などと
自分の中で妄想を膨らませるのは得策ではありません。
悪い思考がパターン化されると、どんどんその闇に落ちていきます。
ネガティブな無限ループにはまると自分の気持ちを暗くしてしまい
しまいには行動できなくなってしまうのです。
過去の失敗はすでに終わった「過去」でしかないと考え
自分をこれ以上追い詰めるのはやめましょう。
その失敗が次回も起こるとは限らないのです。
失敗を糧にして、未来をよりよくすることを考えたほうがよいに決まっています。

失敗した時に、私はビル・ゲイツの次の言葉を思い出すようにしています。

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。(ビル・ゲイツ)

多くの人は失敗にフォーカスしがちですが
自分が行動したことを褒めてみたらどうでしょうか?
私たちは100%の確率で成功するわけがないのに、極端に失敗を恐れます。
失敗よりも行動したことにフォーカスすれば、モチベーションを高められます。

多くの成功者は、あきらめなかった人なのです。
自分の仮説が最初から正しいわけではありません。
一度の行動で夢が叶ったら、逆に人生はつまらないかもしれません。
様々な失敗を経験することで、新たな答えが導かれます。
私は逆に行動のプロセスが楽しいと思えるようになりました。
チャレンジすることでいろいろな体験ができますし
多くの面白い人たちと出会えるようになります。
失敗で得た知恵と人脈が、次の行動を後押ししてくれるのです。

失敗したからといって、必要以上に自分を否定するのはやめましょう。
失敗は成功の途中悔過だと考えることで、ワクワクできるようになります。

元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。(ヘレン・ケラー)

失敗によって豊かな人生経験と人脈を得たと考えることで、気持ちを変えられるはずです。
失敗ではなく、行動=自分の勇気にフォーカスするようになれば、モチベーションを保てます。
良い仲間を得られた!良い体験ができた!と失敗を評価するのです。
失敗によって、成功に近づけると考えられれば、極端に落ち込まなくなるはずです。
笑顔で失敗を笑い飛ばして、次の行動につなげましょう!!

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: A.Kreicberga Watch via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る