疲れやすい人の食事 いつも元気な人の食事の書評 単品ダイエットはいますぐやめよう!

習慣化

ストレスがかかると、生体内に異変が起きたり、さまざまな機能が低下したりします。すると、身体は体内の調整システムを働かせてストレスに対抗し、しだいにストレスと抵抗力のバランスを保ちながら、適応状態をつくり出していきます。しかし、そのストレスが長期間続いたり、他のストレスが加わったりすると、抵抗力が弱まり、身体や心の病気を引き起こしてしまいます。(柴崎真木)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-9-04-42
柴崎真木
氏の疲れやすい人の食事 いつも元気な人の食事によって
ストレスとの付き合い方、健康の3原則、食事の重要性を再確認できました。
ストレスが全て問題だというわけではありません。
適度のストレスによって、課題を乗り越え、チャレンジできるようになります。
しかし、ストレスが増えすぎると、心や体の病気になってしまうのです。

疲れた時には、眠る、休む、食べる、笑う、マッサージするなど
様々な対処法で私たちはストレスを軽減できます。
また、疲労をなくすためには、以下の健康の3原則が欠かせません。

健康の3原則である 「運動」 「栄養」 「睡眠」の3つのバランスがうまくとれていることがベースとなります。このバランスをないがしろにしてはどんなによいといわれる疲労回復方法を取り入れたとしても十分な効果を得ることはできません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

疲れやすい人の食事いつも元気な人の食事 [ 柴崎真木 ]
価格:1382円(税込、送料無料) (2016/11/14時点)

私たちは健康になるために、運動、栄養、睡眠のバランスを取らなければなりません。
■エネルギーや栄養素をとったり、回復させるための食事
■適切な負荷をかけた運動
■質のよい睡眠
このサイクルをうまく回すことで疲労が回復し、パフォーマンスも向上します。
いつも元気な人は自分に合った疲労回復方法を見つけ、このサイクルを上手に回しています。

元気体質になるための食事の基本は「エネルギー」「質」「タイミング」の3つです。
エネルギー=エネルギー量のバランス
質=栄養素の配分
タイミング=いつ、どうやって食べるか?
このうちどれか1つ欠けても、元気は取り戻せません。

食事のバランスに気を使わなければ、私たちは疲れから解放されないのです。
著者は疲れやすい人は、糖質を好むと指摘しています。

疲れやすい人は、糖質が多く、食物繊維の少ない炭水化物を選んでいます。お菓子や菓子パンを食事代わりにしてしまうことが多く、食パンでも、ふわふわのやわらかいパンにジャムやはちみつをたっぷりぬったものを食べているパターンが多いようです。ふわふわのやわらかいパンは生地に砂糖を使っていることも多いので、血糖値が上がりやすくなります。

逆に、いつも元気で疲れにくい人は、良い糖質と食物繊維を選択しています。
ごはんでも雑穀や玄米などを混ぜたごはんを食べているそうです。
雑穀や玄米は白米より食物繊維も多く、血糖値をコントロールできます。

また、単品メニューの食事もやめたほうが良さそうです。
単品だけを食べ続けるのは飽きますし、健康状態を損ねる可能性が高いのです。
毎日の食事や食習慣というのは、続けられなければ意味がありません。
単品だけのダイエットは長続きしませんし、その後リバンウドを起こしがちです。
単品ダイエットは、太ってしまったり
体調を壊してしまうリスクがあることを覚えておきましょう。

元に戻った分の体重は水分と脂肪で、減ってしまった筋肉や骨、血液などは早々元には戻りません。身体ができるには3か月から6か月は少なくともかかるからです。(中略) 結論をいうと、抽象的ですが、エネルギーが低い調理方法や栄養素が豊富な食品を選んで、バランスよく食べて減量することが一番の近道なのです。

主食、主菜、副菜、汁物の一汁三菜の食事がダイエットでも理想なのです。
それぞれの食品を組み合わせることによって、不足している栄養素を補えます。
これで、体も疲れなくなるはずです!

ーつの食品に必要なすべての栄養素が含まれているわけではありません。
いろいろな食品を組み合わせることで必要な栄養素が揃い、身体がつくられるのです。
エネルギーを減らし、必要な栄養素も取りきれない単品ダイエットは、体のためになりません。
減ってほしい体脂肪が減らず、逆に、筋肉や血液など大切なものが減少してしまうのです。
バナナやリンゴなどの単品ダイエットという情報に惑わされずに
エネルギーを確保しながら、多くの栄養素が取れる和食ダイエットを心がけましょう。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
       

photo credit: barnimages.com Fork and plate on table via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント