これさえあれば成功できる!スマートカット9つの鉄則

しきたりや常識を捨て、がむしゃらではなくスマートに対処することで、信じられないような大きな成果を上げることができる。(シェーン・スノウ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-29-9-58-14
photo credit: Navis06 Small Dance Step … via photopin (license)

シェーン・スノウは著書のSMARTCUTSのポイントをまとめます。
今まで何回か本書の書評を書いてきましたが
今までの常識を見直し、成功につながらない努力を一旦やめてみましょう。
そして、本書で紹介されている「SmartCuts」のルールを取り入れるのです。
基本は無駄を排除し、やるべきことに集中することです。

シェーン・スノウの以下の9つの鉄則を実践すれば
私たちは多くのことで成功を手に入れられます。
それはビジネスだけでなく、人種差別や飢餓などの社会的な問題解決にも応用できます。
スティーブ・ジョブズやイーロン・マスク、その他多くの成功者のルールを
モデリングして一気に成功への道を駆け上がるのです。

1、ラダー 成功への階段をハックする。
従来とは異なる階段を絶えず作り、いつも自分を高める努力を続ける。
2、メンターとともにトレーニングを積む。
直接的・間接的なメンターを置く。それは歴史上の人物でも構わない。
3、迅速なフィードバックで最適化する。
すぐに意見を求め、改善の努力を重ねる。
4、プラットフォームを活用する。
自分の活躍できる基盤、ブランドをつくる。
5、波を見つけて波に乗る。
自分が乗るべき大波が来るのを予測し、しっかりと準備をする。
6、スーパーコネクターを見つけ、自らもスーパーコネクターになる。
Win-Winの関係を目指すスーパーコネクターとなり、他者への貢献を考える。
7、成功の連鎖をつくる。
勢いのあるうちに、次の準備をし、協力者を集める。
(成功しからといって有頂天にならない)
8、シンプルを極める。
余計な作業を増やさない。自分のやるべきことだけをやる。
脳を疲労させずに創造力を発揮する。
9、10倍思考を実行する。
大きなビジョンで周りを巻き込み、目標を一気に達成する。

書籍の最後に黒人のドウェイン・エドワーズの成功ストーリーが紹介されていますが
貧しい彼は9つの鉄則を使って、世界的なスニーカーのデザイナーになります。
そして、スニーカーデザイナーを養成スクールを立ち上げ
短期間に優秀な人材を輩出するプラットフームを作り上げます。
貧困街で育った彼は犯罪者になることなく、自らの夢を実現したのです。
このエドワーズのストーリーから私たちは
成功のために最も重要なことが何かを学べます。
それは、決してあきらめないことなのです。

短期間で成功するためには、スマートカットの9つの鉄則と
レジリエンスが欠かせないことがわかります。
本書の多くの成功ストーリーやケーススタディを読むことで
エネルギーをチャージできるはずです。
本書SMARTCUTSは、今年最も価値ある一冊でオススメできます!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS
関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る