プレゼンの前の軽い運動が効果がある理由

習慣化

適度な運動をすれば、その後の数分から数時間にかけて集中力が高まり、思考が明晰になり、気分がよくなる(そして落ち着く)ことを示す研究が多くあります。運動はリセットボタンのようなものです。あなたの頭の働きを高める効果的で即効性のある確実な手段です。汗はかくけれども疲れを感じない程度の適度な運動をすれば、運動した直後から数時間にかけて驚くほどの変化が生じます。(ジョシュ・デイヴィス)

スクリーンショット 2016-07-16 10.10.29
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
ジョシュ・デイヴィス
成功する人は、2時間しか働かないの中に
運動の効果がわかりやすく整理されていました。
適度な運動をすることで、私たちは集中力を高めたり、気持ちを明るくできるのです。
あのネルソン・マンデラ氏も落ち込まないように
拘留中の独房の中で毎日45分間、足踏みをしていたそうです。

適度な運動は、即効的に頭の働きを活性化してくれます。
これをビジネスに使うべきだというのが、著者のジョシュ・デイヴィスのアイデアです。
プレゼンや重要な資料作りの前に集中したければ、軽い運動を試みるのです。

運動を上手に利用すれば、運動した直後から数時間は効果があります。
■気分がだれて集中できないと感じたら会議室から出る。
■難しい会議は運動を事前に確保できる時間に設定する。
■厄介な作業が控えている朝は意識して運動する。
などの方法が著者のオススメです。
アーバナ・シャンペーン校のチームは、中程度の運動が注意力を高めることを発見しました。
21分から40分の有酸素運動で活力を取り戻せます。
運動は不安を減らす効果もありますから、歩くことで自信を取り戻せます。

私はウォーキングを習慣にしていますが
脳を元気にしたいときは、意識して歩く量を増やします。
プレゼンの準備前は会議室にこもらずに、気分転換のために街中を歩くようにしています。
これで集中力が復活し、脳を活性化できます。
また街中の景色や人のファッションから、アイデアをもらえることがあります。
思考力や心のエネルギーを高めたいときには
事前のスケジュールに軽い運動を入れておくのです。
プレゼンのリハーサルも大事ですが、軽い運動を予定に組み込むことで
ビジネスが上手くいき始めるのです!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
成功する人は2時間しか働かないの関連記事

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

photo credit: Dreaming .. via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント