• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

具体的に目標を定めるだけで、達成可能性はぐんと上がる。そして、仕事やお金に関する目標を立てなくても、お金は自然についてくる。イエール大学とハーバード大学の研究によれば、明確な目標のある人たちの収入はいずれも、目標のない人たちの10倍になるという。(ブライアン・トレーシー)


photo credit: Curtis Gregory Perry Stairs via photopin (license)

目標を明確にし、それを書き出してみよう!

ブライアン・トレーシー極度集中 世界500万人が支持する最強の自己啓発入門書評ブログを続けます。本当にやるべきことを決め、それにフォーカスすると目標を達成できるようになります。その際、以下の6つのステップを意識し、目標を明確にし、自分の行動を変えてみると効果があります。
ステップ1 能力や時間など、自分を制限するものを外すまずは、人生の指針だけを見て、そこに至る道を考えよう。そのポイントは、どんな目標も必ず達成できると考えること。
目標を立てることを軽視するのをやめ、自分のやりたいことを明確にしましょう。その際、無理だという思い込みを捨ててみるのです。お金がない、経験がないという言い訳を捨てて、自分の可能性にかけてみるのです。

ステップ2 書き出す 目標を書き出したことのある人は、成人のたった3%しかいない。たしかに書き出すのは面倒かもしれない。しかし、書けばその手間以上の効果が必ずある。[引き寄せの法則]が発動するのだ。
具体的に目標を書き出すことで、自分の思考と行動を変えられます。「思考」や「感情」には常に「引き寄せの法則」が働いており、「似たものが引き寄せられ、現実として起こる」とブライアンは指摘します。「いいことがありそう」と思って過ごすとラッキーなことが、反対に「不吉な日だ」と思うとトラブルが続いたりします。自分が欲しいものにフォーカスし、ずっと考えたり、人に話したりすると、意外に簡単いそれが引き寄せられてきます。
ステップ3 目標の優先順位を決め、期限を設ける
私は逆算手帳100のWish List(夢リスト)を書き出し、それをいつ実現するかを決めています。未来のワクワクな自分をイメージし、そこから逆算しながら、優先順位を決めています。優先順位を決めて、やりたいことに集中すると結果を残せるようになります。

目標に向かって突き進む力は、期限によって生まれるといっても過言ではない。

デッドラインを設けることで、自ら行動できるようになります。締め切りを自分に言い聞かせることで、先延ばしも防げます。

目標達成のために行動を習慣化しよう!

ステップ4 必要なタスクをリスト化し、スケジュールに組み込む
目標を達成するためには、そのためのプランを作成し、タスクに落とし込むとよいでしょう。タスクを整理できたら、スケジュールやカレンダーに一書き込み、そのための時間を確保するのです。誰かと一緒にできることがあれば、どんどんアポをとって、日時を決めてしまうと行動できるようになります。アポイントをとり、人と話すことで何かしらの結果が生まれます。優先順位の高いことから、スケジューリングしていくことで、積極的に行動できるようになります。
ステップ 5実行する
Wish Listに書いた目標をは行動に移すことで、あなたの周りに変化が起こるはずです。とにかく何でもいいからやってみることで、自分を変えられます。行動によって、3つの変化が同時に起こるとブライアンは指摘します。

1つめは、すぐにフィードバックが得られることだ。もしやり方が間違っているのならば、そのフィードバックによってコース修正ができる。正しいやり方ができているとわかれば、集中して取り組める。2つめ、加えるべきアイデアが浮かぶこと。実際にやってみると、それだけで何か新しい発見が必ず得られる。はじめは少しやりづらさを感じていたとしても、より柔軟な方法や自分に合った方法を見つけることができるのだ。そして3つめ、自信が高まることだ。タスクをきちんとこなし、消化していくと、前進を感じられる。それがあなたによい刺激を与え、さらなるやる気が湧いてくる。それによって得られる自信は、あなたの成功の大きな武器になるだろう。すべてをポジティブに捉えることができ、逆境の中でも進むことができる。また、その物事を推進していくことでより集中力が高まり、より多くの目標を達成できるように感じられる。

目標を決めさえすれば、はじめの1歩は自然と見えてきます。勇気を持って小さな1歩を踏み出せば、次の2歩めが現われます。確実に、一歩づつ進んでいくことで、どんなに難しい目標も達成できるようになります。目標を明確にし、そのための一歩を踏み出しましょう!

ステップ6 継続する

着実に100%完了させるために、一度始めたら、目標達成につながる行動は毎日しよう。どんなに小さなことでもかまわない。「毎日、集中して行なう」というのが重要だ。

目標を達成するための行動を習慣化しましょう。いったん、自分の習慣になってしまえば、やらないことが気持ち悪くなります。よい習慣をいくつも身につけることで、自信が生まれ、より多くのことにチャレンジできるようになります。これでいくつもの目標を達成できるようになります。私もよい行動を習慣化したことで、逆算手帳に書いた目標を今までにいくつも達成しています。目標を書き、行動を習慣化することでたくさんの夢が叶うようになります。

まとめ

自分の人生をよくしたければ、本当にやるべきことを明らかにすることです。目標を明確にして、そのための行動を今すぐスタートしましょう。小さな一歩を踏み出したら、途中でやめずに、その行動を継続すべきです。「人は繰り返し行なう行為の集大成であり、習慣こそが優秀さである」という偉大な哲学者のアリストテレスの言葉を信じて、行動を習慣化しましょう。

ブライアン・トレーシーの関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る