• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1日を終わらせ、区切りを付けよう。できることはした。むろん、間違いやばかげたこともあっただろうが、なるべく早く忘れよう。明日は新たな1日だ。その1日をうまく穏やかに、過去の自分のばかげた考えに邪魔されない意気込みで始めよう。(ラルフ・ワルド・エマーソン)


photo credit: marcoverch Digital Detox: Smartphone weglegen beim Essen via photopin (license)

疲れた時には自分の頭の中を整理しよう!

サイモン・タイラーの頭と仕事をシンプルにする 思考整理50のアイディア書評を続けます。私たちの脳は絶えず考え続けています。仕事の課題やプライベートの問題など、常に頭を使っているはずです。年を重ねれば、解決しなければならない問題が多くなり、多くのエネルギーを奪われてしまいます。課題をたくさん抱えることで、今ここに集中できずにいることで、ストレス過多になり、心も体も疲弊してしまいます。これでは良い結果を残せるわけがありません。

1つの仕事を片付けるという目的意識をもって行動すると、もっと力が出る状態を取り一戻すことができ、自分が置かれた状況もはっきり認識できるようになる。つまり、客観的に自分自身を捉えられるようになる。(サイモン・タイラー)

私たちはすべての問題を解決できるわけではありません。やるべきことの優先順位を決めて、一つ一つ解決していきましょう。必死になって片っ端から懸案を片付けようとするのではなく、合理的な行動を取るように自分の姿勢を変えるのです。

自分を再起動しよう!

自分が頭の中で考えていることを見つめ直し、大事なことに集中力を傾ける。この「再起動」によって態勢が整い、その状態からやり直すことができる。少なくとも毎年一度、大きな再起動をすることをお勧めする。

自分の頭の中が混乱していると感じたら、思考の棚卸しをしましょう。頭の中をすべて紙に書き出すと頭が整理でき、やるべきことが明確になります。これだけで、気持ちが軽くなり、ストレスを減らせます。デスクの上が混乱していたり、メールボックスをスッキリさせることも気分転換につながります。この作業を進めるうちに今日やるべきこと、明日やるべきことを判断できます。やるべきこと、やらないことを明らかにすることで、積極的に行動できるようになります。

あなたに何かを期待したり、借りがある人がいたら、彼らをリストアップしましょう。まだ済ませていないお礼や謝罪などがあれば、時間が経ってしまっていたとしても、それを済ませてしまうのです。これで心が軽くなり、今ここに集中できます。その逆に、誰かに貸しがある場合には、自分自身の考え方を改めるとよいでしょう。期待を捨てて、貸したことを一旦忘れてしまうのです。自分がコントロールでいきいことは忘れて、自分のやるべきことに頭を使いましょう。

まとめ

私たちの脳は絶えず多くの問題を抱えています。いつも悩んでいたら、ストレスが溜まり、心と体に悪影響を及ぼします。それを避けるために、時々頭を整理し、自分を再起動しましょう。自分の脳の中を定期的に片付けることで、自分を強い状態に保てます。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る