子供にiPadをねだられるのが、年末の流行になりそうです。アメリカニールセンの調査結果から

ブログ

私が早く帰宅すると、娘たちが我先にとiPadの争奪戦を始めます。
初代iPadとiPad2で二人の娘たちは
勉強したり、ゲームしたり、絵を描いたりと、様々なアプリを見つけ出しては
いろいろとiPadで新しい事をチャレンジしています。
本当にデジタルネーティブ恐るべしです。
そして、上の10歳の娘が、先日、クリスマスプレゼントにiPadが欲しいと
リクエストをしてきてちょっとびっくりしています。

しかし、アメリカの事情を見ていて、娘の意見がトレンドなんだと妙に納得しました。
2011年11月17日のアメリカのNielsenの調査を見ると
今年のクリスマスの子供たちのiPadの人気ぶりが分かります。
Nielsenから「年末年始とデジタル機器の購入・プレゼント希望性向に関する調査」
発表されているので、少し内容をご紹介します。
それによるとアメリカの6~12歳の子供たちが望んでいる
電子機器の第一位がiPadでした。
次いでiPodTouch、iPhoneとアップル製品が続いています。
今時の子供の生意気ぶりと、Apple製品の人気の高さがうかがえます。
やはり、わかりやすいユーザーインターフェースが支持されているのでしょうか?

一方13歳以上の子供でもiPadがトップなのですが、

二位以下はパソコン、電子書籍リーダーの順となってます。
iPadの子供たちの人気の高さが伺えるのと
年齢によって、やはり望んでいるデジタルギアに傾向値があるのが面白いですね
全体の傾向としては、ゲーム機人気が低いですね。
アメリカの子供たちはiPadやiPhoneでソーシャルゲームをしているのでしょうか?
日本の子供たちのリクエストもちょっと見たくなりました。
しかし、親にとっては頭の痛い季節が到来しています。
Loading Facebook Comments ...

コメント