海外でも使われる絵文字がクール!

iOS5では、各国のキーボード設定からから
絵文字をセットできるようになりました。
iPhoneで使える絵文字数はなんと722個だそうです。

日本の絵文字パワーが海外にも認められてきました。
そして、iOS5の絵文字採用で、海外の若者の絵文字使用が増加しているようです。
先日のNewyork Timesでも「Whimsical Texting Icons Get a Shot at Success」
という記事でアイコン、絵文字が特集されていました。


アルファベットの英語の方が、漢字を使う日本語と比べてみると

当たり前ですが文章が長くなります。
twitterなど字数制限のあるソーシャルメディアでは絵文字を使用した方が
短い文章でわかりやすいコミュニケーション可能です。
このNYTの見出しをみて気付きましたが、絵文字は英語でアイコンなのですね。
アイコン (icon) は、物事を簡単な絵柄で記号化して表現するという意味ですから
絵文字と言うアイコンを使えば、感情表現が簡単に出来ます。


日本の女子高生が開発した、絵文字アイコンが
ソーシャルメディアでの外国人とのコミュニケーションツールとして
今後、力を発揮しそうです。
AppleがiOSに絵文字搭載した事で、日本の女子高生のコミュニケーションスタイルを
クールジャパン文化として、欧米に輸出することも可能です。
Gメールでも絵文字が使えるようになっています。
絵文字を上手に普及させれば、これでビジネスも出来そうです。
絵文字利用の女子高生のアイコン解説本を英語やフランス語で
リリースすると面白いかもしれません。
アイコンマークのTシャツ制作等もありかもしれませんね。
こういうアイディアを考え始めると、とても楽しきなってきます。


ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました