スマホの勢いは止まらない。2016年にはシェア88%、頑張れ日本のサムライ達

スマホでのビジネス展開、起業にはシンガポールが最適と言うブログ
昨日7月14日に書かせていただきましたが
スマホ周りの日本のベンチャーに勢いを感じています。
ソーシャルおじさんの周りのベンチャーも
Feel on!Compath.meRettyスマポmillion moments
など面白いアプリを開発している企業が増え
応援するのも楽しくなってきました。

Feel on!Compath.meなどは海外のプレゼンでも注目されています。
これらのベンチャーは世界でシェアをとれる日も近そうなので
引き続き、微力ながらこのブログでも応援して行きたいと思います。
また、million moments は始めから世界183国でリリースしました。
一番最初に話題になった国がイタリアだと言う話を先日伺って
今後の可能性を凄く感じています。

そのスマホですが2016年には3200万台と2011年より70%以上増え
携帯電話市場の約88%を占めるとの予測が発表されました。
(調査会社富士キメラ総研発表)
富士キメラ総研によると、2011年のスマホ出荷は前年比約2.2倍の1880万台。
携帯電話全体に占める割合は約52%と、初めて50%を超えたそうです。
機種の拡充などにより、12年に2580万台
13年にはなんと3100万台まで増加すると見込んでいます。
14年以降スマホの成長は横ばい傾向になる一方で
従来型の携帯電話は11年に1740万台となり
12年は1040万台まで落ち込む見通しだそうです。
その後も減少傾向をたどりながら、15年の410万台でいったん底を打ち
16年に420万台となるそうです。

確実にスマホへのシフトが日本で進みますが
拡大する日本のマーケットだけ見ているのは危険です。
昨日も書きましたが、スマホはリアルタイムで世界と勝負するマーケットです。
国内市場だけでマーケティグ、開発しても
100万DLが限界かもしれません。
日本のマーケットは確かに魅力的なのですが
日本だけに安住していては、アプリのガラパゴス化に繋がり
世界のマーケットでシェアが取れなくなるかもしれません。

海外でのマーケティングをシンガポールなどから同時に行えば
DL数が一気に拡大する可能性があります。
スタートアップでも、成功すれば10倍の1000万DLが夢ではないことを
シンガポール発の日本企業のNUBEE PTE LTDが証明してくれています。

今回の富士キメラ総研の調査を見ていて
日本の巨大マーケットの魅力に騙されなければいいなと思いました。
今後も、世界進出してくれる日本のサムライ達が
数多く生まれてくるといいなと思いながら
今日はこのブログを書きました。 頑張れ、日本のスマホのサムライ達!
Follow Me on Pinterest      
キーマンズネットの新連載です。
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  
この書籍がお薦めです!


この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました