好きなことをやり、フロー状態を作り出し、幸せな時間を過ごそう! #習慣化

ブログを書き始めて、一生やれることが見つかりました。

本を書いたり、ブログを書くことが好きだと気づいたのです。
最初は苦しかったことが、継続することで今では楽しい時間に変わったのです。

高校生の時に森鴎外の高瀬舟の感想文を教師から褒められた時に

作家になりたいという衝動が生まれました。
その後、しばらく文章を書いていたのですが
社会人になった時に酒の楽しみを覚え
文章を執筆する楽しみをすっかり忘れてしまいました。
2010年にセレンディピティの引き寄せから、本を書くことができました。
自分に執筆などできるのだろうか?という恐怖心が相当ありましたが
こんなチャンスは二度とないと思い、執筆の依頼を引き受けました。
毎日、山手線の通勤電車の中で文章を書き
3ヶ月で一冊の本を書き上げることごできました。
図解 ソーシャルメディア早わかり (1時間でわかる)

そのタイミングで書き続けたいと言う思いが自分の中で強くなり
このブログをスタートして、早くも3年半の時間が経過しました。
よく継続できているなと、自分でも時々思うのですが
文章を書くことが好きだと言う単純な理由で続いているのだと思います。
当然、みなさんの応援はとてもうれしく、書くモチベーションになっています。
新たな人との多くの出会いなど引き寄せもあり
このブログのおかげで私の人生は酔っぱらい時代のモノとは
全く違うモノになっているのです。

自分が好きなことは、誰がなんと言っても止められません。
書くことが、自分の成長につながっていることに気づいてからは
ますます、書くことが楽しくなりました。
暇な時間があると今では私は絶えず文章を書いています。

最近では、ブログでフロー状態を作れるようになり、電車をよく乗り過ごします。

フロー状態とは楽しさを伴う我を忘れた没頭状態で
時間があっという間に過ぎているのです。

楽しさのあまりその対象に没入して、時間感覚を失ってしまうのがフロー状態の特徴です。

私の場合これほど集中できることはブログと読書以外にはありません。
私は読書と言うインプットとブログと言うアウトプットでフロー状態になれ
人生をより楽しめるようになったのです!
この年になってフロー状態を作れるのは、本当に幸せなことだと思います。
この二つの好きなことを、死ぬまで続けられれば、人生の後悔を相当減らせそうです。
日々、読書(インプット)をブログ(アウトプット)を書くことで
これからも幸せな時間をすごしたいと思います。
好きなことをやり続けることが大事だと言われる理由がよくわかります。

今日も習慣化ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
書くことに関する関連記事
後悔に関する関連記事
  
PHOTO CREDIT

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント