グアムのイルカツアーで笑顔と幸せの関係について考えてみる。#習慣化 #グアム

「楽しいから笑顔になれると思うより、笑顔でいれば楽しくなれる」という風に
考えた方がより幸せでいられる時間を長くできますね。
このシンプルなルールを信じれば、より良い人生が送れるようになります。 

先日からグアムで夏休みを過ごしているのですが
青い海や美しい夕日を見ているだけで、自然と笑顔になれます。
この数日間は笑顔でいる時間が長いので、ストレスフリーで快な状態です。
笑顔でいると脳のドーパミンが活性化しますから幸せになれるのです。
ドーパミンは、脳の「快楽」に関係した神経伝達物質ですから
笑顔でいることで脳が幸せを感じてくれるのです。

これを応用すれば人生はより楽しく生きられます。
楽しい表情をしているから幸せになれ、楽しい出来事が起こるのです。
暗い気分のときでも、笑顔を作れば、不思議と楽しい出来事も増えてきます。
笑顔でいれば、潜在意識が楽しいことを引き寄せてくれるのです。
昔から言われている「笑う門には福来る」を信じて笑顔でいるようにしましょう。

笑顔が幸せを引き寄せるならば、笑顔を自分から作り出しましょう。
■毎朝、鏡で笑顔のトレーニングをする。
■笑顔になれる人と交流する。
■美味しいものを食べる。(料理は見た目も大事)
■笑顔に慣れる環境に身を置く。(きれいな海が私のベスト)
■面白い本を読んだり、映画を見る。

また、笑顔は感染します。
今回、子供と一日中一緒にいますが、彼らの笑顔を見ているだけで
いつも以上に笑顔の時間が増え、幸せな時間を過ごしています。
笑顔の力は本当にすごいです!

自分が笑顔になれれば、相手も笑顔になれます。
できるだけ明るい表情でコミュニケーションできれば
明るい表情を見た相手もも明るくなれ、幸せな時間が過ごせます。

そう言えば、グアムの方々はとても笑顔がすてきな人が多いです。
明るい海と太陽が育んだ笑顔を今回見続けているから
私も自然と笑顔になれ、幸せを感じているのかもしれません。

昨日は、イルカを見るツアーに参加したのですが
そこでも船長やスタッフが私たちを喜ばせるために
面白い話をしてくれたり、笑顔で接してくれました、
そして、台風の影響でなかなかイルカが見つからないときでも
笑顔を絶やさずにコミュニケーションして、船の雰囲気を保ってくれました。
(朝一の別の船はイルカを見つけられなかったそうです。)
そして探すこと1時間半、台風で移動していたイルカを見つけてくれたのです。

このときに参加者全員が笑顔になり、自然とお礼の拍手がおきました。
スタッフの頑張りとイルカがみんなを笑顔にし、船の中が幸せの空気に包まれました。
写真はiPhoneではよいものがなかったので
今回の参加したツアー会社のスキューバカンパニーのサイトからお借りしました。
実際に7,8頭のイルカの群れと近づくことができて、とても良い体験ができました。
(イルカをなぜににきたかはこちらのブログをご覧ください。)
もし、あなたが笑顔になりたかったら、
スキューバカンパニーのイルカツアーもお薦めです。

今回のイルカツアーで笑顔の力を再認識しました。
笑顔が周りによい影響を与えるなら、いつも笑顔でいたいものです。
幸せになる簡単な方法が笑顔でいることなら、笑顔でいるように心がけたいと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!
  

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント