他者のイメージを簡単に変えて、自分に自信をつけるたけの4つのステップ

習慣化

今すぐ50個手放しなさい! ゲイル ブランキ著)の中の
自分に自信をつけるメソッドがとても参考になりました。
スクリーンショット 2015-05-07 6.17.26
多くの人は自分の親や教師から行動を制限されてきました。
「あなたには無理よ!」などの彼らの何気ない一言が
行動のブレーキになり、できない自分を生み出しているのです。
これは、とてももったいないことで、このブレーキを今すぐ外したいものです。
他人の基準で自分の人生を生きるのは、はっきり言って時間の無駄です。
まずは、やりたいことを紙に書き出して、自分を変える決断をするのです。
他人に人生をコントロールされるのではなく
自分の人生に価値を見出し、やりたいことを今すぐスタートましょう。
もし、今決断しないと、人生の最期のタイミングで後悔することになります。
その時には親も教師もあなたを救ってはくれません。
未来の自分を助けるのは、今のあなたの変わりたい!という思いなのです。

以下の自信をつけるための4つのステップを学んで
自分の枠を外してみましょう。

1、この世に必要のない人などいません。
あなたが世の中のためにできることはどんなことにも価値があります。
2、今知っていること、できることを楽しむ。
何でも知っていなければならないとか、何でもできなければならないと考えるのはやめましょう。
3、「ある分野で一流にならなければ負け」という考えをやめる。
この世界を(あるいは住んでいる街を)支えているすごい人たちは、ルーヴル美術館に作品が展示されることも、テレビのトーク番組にゲスト出演することも決してない「普通の人」たちなのです。
4、自分を人と比べるのはナンセンス
自分は自分のままで、他の人は他の人のままでいいのです。自分の才能を世界に活かしていくチャンスがあることを喜ぶようにしてください。

多くの人は自分には価値はないと思っています。
しかし、自分が得意なことは必ずあるはずです。
自分ができないことを悩むのでなく、自分ができることに集中しましょう。
時間は有限な資産なのですから、自分が楽しいことをすべきです。
自分にできることで、世の中に貢献して
自分や周りの仲間をハッピーにしましょう。
これで、あなたは自信を取り戻せるはずです。

やりたいことをやる時には、他人との比較をやめましょう。
他人との比較で自分のモチベーションを下げる必要はありません。
もし、比較をするのなら、過去の自分と未来の自分を比較しましょう。
素晴らしい未来の自分をイメージして、そのための行動を今すぐ始めるのです。

古いタイプを手放し、それを永久に捨て去りましょう。いつでも好きなときに、自分のタイプを変えることができるのです。どんな人間で、何が得意かということも、そして、他の人が見ているイメージさえ、自分で決めることができるのです。(ゲイル ブランキ)

自分の中の古い自分を捨て去りましょう。
自分はこういうタイプだというマイナスの自己暗示を解けば、人は変われます。
ネガティブな自己暗示をやめて、良い言葉をアフォメーションにして、自分を励ましましょう。
私はアルコール依存症で、夜になると元気になるタイプでしたが
この思い込みを捨てることで、人生を改善できました。
朝型の人生を送ると決めたおかげで
以前の私とは全く別物の自分を手に入れました。

また、一切、アウトプットをしてこなかった私が
4年前にブロガーになると決めたおかげで
ブログを毎日更新できるようになったのです。
書く人というイメージが定着し、ブログ経由で執筆の依頼まで来るようになったのです。

私は過去を変えることを決断し、行動することで
他者が持つ自分に対するマイナスのイメージをプラスに変えることができました。
このように古い自分を捨て去れば、新しい未来を切り開けるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  photo credit: he looks a little different to me; via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント