オプティマルヘルスとは何か?

習慣化

実りの多い充実した人生を歩むには、心身ともに健康であることが前提条件となります。健康づくりをしてこそ成功に近づける、大きな夢や望みをかなえていける、というわけです。健康、とひとくちに言っても、健康観というものは時代の推移とともにさまざまに移り変わってきました。現在は、「オプティマルヘルス」という新しい健康観が登場し、アメリカを中心に広く普及しつつあります。(佐藤富雄)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-22-41-56
佐藤富雄氏は、
あなたの夢をかなえる「未来日記」の中で
オプティマルヘルスについて紹介しています。
数年前からブームになっているオプティマルヘルスの考え方を取り入れると
心と体の最高レベルの状態に保て、自分の人生をよりエンジョイできるようになります。

オプティマルヘルスのオプティマル(optimal)とは
山にたとえるなら頂上を示す言葉だと著者の佐藤富雄氏はいいます。
オプティマル(optimal)は最高という意味ですから
最高レベルの健康を目指し、それを維持していくライフスタイルといえるでしょう。
心と体の最高レベルを目指すことで、私たちは幸せになれるのです。
また、この状態をキープしながら加齢することをオプティマルエイジングといいます。

オプティマルヘルスを維持しながら健やかに加齢していくことを、オプティマルエイジングといいます。最高の健康状態を保ちつつ、美しく、元気な心と身体で歳を重ねていくことです。オプティマルエイジングは、若い頃からオプティマルヘルスを実現し、維持することの積み重ねによってなし得ます。

若い頃から健康を意識することで、未来をよりよくできます。
体と心と脳の状態を健康に保てれば長生きでき、年をとっても夢を実現できます。
オプティマルエイジングによって、私たちは気力、体力、脳力の充実をはかれるのです。

オプティカルヘルスのために重要なことは、野菜の摂取です。
特に野菜の中でもニンニクを食べることが効果があり
オプティカルヘルス先進国のアメリカでも非常に人気の食材です。
ニンニクは、最もがん予防に役立つ植物性食品と考えられているのがその理由です。
アブラ菜・キャベツ・芽キャベツ・ブロコッリー、カリフラワー
ダイコン(特に葉の部分)・カブ(特に葉の部分)・ケール、コールラビーも
多量のファイトケミカルスを含有し、がんのリスクを下げることがわかっています。
日本人の2人に1人が一度はがんになり、3人に1人はがんで亡くなってる状況をみると
若い頃から食生活を改善することがポイントになります。
私たち日本人もファイトケミカルスをもっと摂取したほうが良さそうです。

野菜中心のバランスの良い食事を心がけると同時に
食事の回数も気にしてみるとよいかもしれません。
エネルギーの過剰摂取の見直しが、生活習慣病には効果があると
佐藤富雄氏は以下のように指摘しています。

いわゆる成人病とか生活習慣病といわれる現代病は、エネルギーの過剰摂取が主な要因といっても過言ではないのです。そこで、朝食を摂らずに1日2食にするという方法は、カロリーの摂り過ぎをおさえて生活習慣病を未然に防ぐ効果をもたらします。さらに、体脂肪を燃焼させるシェイプアップ効果があります。

私も1日の食事の回数を減らすことで、生活習慣病の数値を大幅に改善しました。
食事のコントロールと適度の運動や瞑想を習慣にして
心と体の健康を取り戻しましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
佐藤富雄氏の関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

今日もお読みいただいき、ありがとうございました。
私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: derrickbrutel Glasses of fresh organic vegetable and fruit juices via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント