「なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか。」の書評

習慣化

僕らは無意織に1日6万回も、過去を悔やみ、未来をアレコレ心配しているのです。1時間に2500回もどうでもいいことを考えている。しかもその9割は昨日と同じことだそうです。凡人と天才の違いは、実はここにあるのです。天才は、自分がどう生きたいのか、何を最優先事項として生きたいのかが明確に決まっているのです。だから、いつも、そこに意識の焦点を合わせることができる。(ひすいこうたろう、滝本洋平)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-10-35-44
昨日のブログ
にオバマ大統領とスティーブ・ジョブズの生産性を上げる方法を紹介しましたが
今日はその続きになります。
オバマ大統領もジョブズも洋服を選ぶことは無駄なことだと考え
いつも同じスタイルで生活します。
自分のやりたいことに集中するため、自分のルールを明確にしているのです。
だからオバマはブルーあるいはグレーのスーツをいつも身につけ
ジョブズはイッセイミヤケの黒のタートルとリーバイスのジーンズしか着なかったのです。

たまたま昨日のブログのアイデアを考えていたときに
友人の長友佑樹氏のソーシャルメディアの投稿から面白い書籍に出会えました。
ひすいこうたろう氏と滝本洋平氏の共著の
なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?がその一冊で
自分のルールを整理したかった私に刺激を与えてくれました。

著者の2人は人生の達人には、必ずマイールールがあり
1日6万本の矢が向かう方向を必ずコントロールしていると言います。
彼らは自分が目指す方向にしっかりと矢を向けることで、成功の確率を高めているのです。
ジョブズとオバマは服装を考える時間を削除することで
世界に衝撃を与え続けてきたのです。
大きなビジョンのために、彼らは優先順位を明確にし、行動していたのです。

本書にはKAYACの「それって漫画っぽい」と質問しながら
1時間以内100アイデアを出す会議のルールや
作家の水野敬也氏が本のタイトルを1000案考えるなどの美学が紹介されています。
成功するためには、自分の美学「マイルール」が必要であることがわかります。

本気になれば、自分からいいアイデアが出なくても、まわりが答えてくれるってことです。」という
著者のひすい氏の言葉が響きました。
パッションを持って行動していれば、まわりを巻きこめ
成功へのステップを一気に駆けあがれるのです。

私も自分の本のタイトル出しのために、100本ノックをしたことがありますが
本書を読んでいて、自分の努力が足りていなかったことがわかりました。
(次回は1000本ノックにチャレンジします。)

私の次の大きな夢はベストセラーを出すことなのですが
パッションを持って行動し、まわりの人たちのサポートを得られるようにしたいと思います。
そのためには大量のインプットとアウトプットが欠かせません。
書評記事で引き続き、読者のみなさんのお役に立つために
大量の本を読み、このブログを1日3本書き続けていきたいと思います。

本書に紹介されている真に幸せになるための「28のルール」はとても参考になりますから
今後もこのブログで紹介していきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント