やめることリストを活用して、本当にやりたいことに時間を使おう!

習慣化

「なんでも効率的に詰め込んで、あれもこれも要領よくやっていくこと」が時間管理と考えられがちですが、たとえ限られた時間であれもこれも一気にできるようになっても、それで自分の心が幸せじゃなかったら意味がありません。だから、あれもこれもやる、のではなく、あれとこれは「しない」と決めることが、たいへん重要となってきます。(池田千恵)

スクリーンショット 2017-01-20 11.12.07
photo credit: elviskennedy 100 Days of Summer #7 – Night Crossing via photopin (license)

池田千恵氏の朝の余白で人生を変える書評ブログを続けます。
効率的にいろいろなことを行えば、確かに生産性を上げられますが
来る日も来る日もこんな風に過ごしていたら、息が詰まってしまいます。
もしも、あなたのイライラが長期間続いていたり、体の疲れがとれにくくなっているのなら
タスクの詰め込み過ぎだと考え、一度自分のスケジュールを見直してみましょう。
本来、自分がそれら全てをする必要があるか?を自問してみるのです。

もしかすると、やりたくないことと不要なことだらけの1日を過ごしているかもしれません。
やり方を変えたり、アウトソーシングする方が、良い場合もあります。
あるいはそのタスクを思い切って、やめてしまうという手もあります。
重要軸と緊急軸のマトリックスを使って、タスクを整理し
自分にとって、一番何が大事なのか?を見返してみましょう。

やめることリスト」を作ると余計なことに時間を使わなくなります。
本を読みたいのに、読めていないという現実があれば
その理由を探してみましょう。
TVやソーシャルメディアのチェックの時間が思った以上に長いと気づけば
それを「やめることリスト」に記入し、やらないと決めるのです。

朝起きたら、TVをつけるのではなく、本を開くと決め
少しの時間集中してみましょう。
5分読めたら、自分をほめ、翌日も同じことを繰り返すのです。
ゲームのクエストのように、自分の「やめることリスト」を次々クリアすれば
本来、自分のやりたいことに時間を使えます。
無駄な時間を減らすことで、家族との食事や勉強会などに参加する時間を作れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝の余白で人生を変える [ 池田 千恵 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/12/19時点)

人は自分が何に時間を使っているかが、案外わからないのものです。
私たちが発売している逆算手帳には
Daily Vision(デイリービジョン)というページがあります。
何をするかというと自分の夢実現のための理想の1日のスケジュールを決め、手帳に記入します。
同時に自分の一般的な1日も書き、2つのスケジュールを比較することで
ギャップに気づけ、私たちは自分のやりたいことに時間を使えるようになります。
多くの人はこの作業によって、理想と現実のギャップに驚きの声をあげます。
自分の中の無駄を見つけ、それを意識することで、私たちの行動は変わります。
やりたいことのために時間を配分し、やがては5分を大事にするようになるのです。

スクリーンショット 2017-01-20 10.57.47
デイリービジョンを書く時に、睡眠時間は削らないようにしましょう。
理想の一日を無理なスケジュールに設定すると、習慣化がつらくなります。
残業をしない、夜更かしをしないと決めることで
私たちは日中のパフォーマンスを上げるように努力を始めます。
(当然、心と体に良い影響を与えます。)

家族と一緒に晩御飯を食べると決めれば、そのために人は工夫をします。
やりたいこと、やめることという視点でスケジュールを棚卸して
自分の1日を有意義なものに変えていきましょう。
これで自分らしい人生を取り戻せ、夢にも一歩近づけるはずです。

2017年の逆算手帳は売り切れてしまい、ご迷惑をおかけしています。
姉妹品の逆算ウィークリーをぜひご活用ください。

セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
池田千恵氏の関連記事はこちらから
逆算手帳の関連記事はこちらから

     
       

Loading Facebook Comments ...

コメント