過去に生きるか?現在に生きるか?

習慣化

罪悪感が好きなら、過去に生きるのがいい。不安が好きなら、未来に生きるといい。幸せを求めるなら、今日という日に意識を集中するのがいい。今この瞬間を感じることに集中しよう。自分の意識の力のほとんどを、目の前の時間のために活用しよう。(スティーヴ・チャンドラー)


photo credit: homethods Entrepreneur, Employer, Leader – Credit to https://homethods.com/ via photopin (license)

スティーヴ・チャンドラーの言葉を読むと
今ここに集中することの重要性に気づけます。
人には夢を見て、未来の自分を創造する時間が必要です。
しかし、未来の夢や目標が決まったなら、「今ここ」に意識を向けるべきです。
二度とない今日という時間を活用できなければ、夢が叶うわけがありません。
これからの1時間に集中しない限り、幸せをつかめません。
雑念にとらわれず、自分のために時間を使うことが、目標達成には欠かせません。

自分の全人生が、この1時間に凝縮されていると考えよう。

このマインドを持つことで、チャンスを見つけられるようになります。
自分のための時間を使うことで、私たちは目標を達成できます。
ワクワクした時間を過ごすと決めて、今ここに集中するのです。

どんな目標でも、そこへの道は決してまっすぐではない。”山あり谷あり”の険しい道だ。そんな道を歩くには、2歩進んだら、1歩下がるこれが気持ちのいいリズムだ。

しかし、全てがうまくいくわけではありません。
道は真っ直ぐではないと考え、後退しても大丈夫ぐらいの気持ちで
チャレンジを続けましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分を変える89の方法 [ スティーヴ・チャンドラー ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/3/28時点) 

悲観主義者は、2歩進んで1歩下がると、意気消沈する。失敗した、もう終わりだと思い込んでしまう。

多くの悲観主義者の人たちは、物事をゼロか100かで考えてしまいます。
彼らは完壁を求め、失敗するとすぐに諦めてしまいます。
ちょっとした問題が起こっただけで、もうダメだと決めつけてしまうのです。

2歩進んで1歩下がるのは、自然な成長のリズムだ。このリズムを理解すれば、リズムに逆らうのではなく、リズムに合わせて歩けるようになる。

悲観主義者は人間関係にも完璧を求めます。
人付き合いには、良い時もあれば、悪い時もありますが
彼らはそれを認めることができません。
しかし、楽観主義者は悪いときが訪れても、それを受け止め
相手との関係を終わらせないように努めます。
どんなに絶好調でも、うまくいかずに後退することがあります。
いつもが上り調子などということはないのです。

事前に後退すること、うまくいかないことを計画に織り込んでおけば
失敗しても上手に乗り越えることができます。
うまくいかなくなってから、次のプランを考えるのでなく
調子のいいときに計画立てておくとよいとスティーヴ・チャンドラーは指摘します。
後退するのは当たり前だと考え、いつでも今ここに集中することで
目標を達成できるようになります。

参考図書 自分を変える89の方法(スティーヴ・チャンドラー著)

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント