知識も大事だが、習慣はもっと大事!

ブログ

人生でいちばん大事なことは、結局、知識ではなく行動だ。(トマス・ハクスリー)


photo credit: Joe The Goat Farmer Oops, Goofs via photopin (license)

トマス・ハクスリーの言葉を読むと行動の重要性に気づけます。
知識を身につけることも大切ですが
行動を起こさなければ、良い結果はえられません。

また、昨日より今日をよくしたければ
行動を習慣化する必要があります。
良い習慣を身につけることで私たちは未来を明るくできるのです。
トマス・ハクスリーの冒頭の名言を私は次のように言い換えています。

人生でいちばん大事なことは、結局、知識ではなく習慣だ。

では、どういう行動を起こし、それを習慣化するとよいのでしょうか?

グレッチェン・ルービン人生を変える習慣のつくり方の中で
人が変えたいと思う習慣を以下の七つに分類しています。 

①健康的な食生活を送る(例 甘いものを断つ、野菜を食べる、飲酒量を減らす)
②定期的に運動する(例 ジムに通う、毎朝ウォーキングをする、自転車で出社する)
③お金と賢く付き合う(例 決まった額を貯金する、借金を返す、予算を守る)
④リラックス上手になる(例 自然に触れる、静かに過ごす時間をつくる、十分な睡眠をとる)
⑤先延ばしにせず多くのことを成し遂げる(例 楽器を練習する、外国語を学ぶ、プログを続ける)と
⑥整理整頓された状態を保つ(例 ベッドを整える、書類をきちんと綴じる、鍵の置き場所を決める)
⑦人(社会、世界)とのつながりを深める(例 友人と会う、ボランティア活動をする、家族との時間を増やす)

私はこのリストを時々見返し、自分をよりよくする方法を考えています。
悪い習慣を見つけたら、よい習慣に置き換えるようにしましょう。
あとはそのための小さな行動を続ければよいのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生を変える習慣のつくり方 [ グレッチェン・ルービン ]
価格:1706円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)

習慣は決まった行動と決まった時間によって左右される!

ハーバード大学のタル・ベン・シャハーは、
習慣=確固たる価値観+決まった行動+決まった時間」だと定義しています。
なりたい自分を明確にして、そのための小さな一歩を踏み出しましょう。
朝の早起きを習慣にしたければ
早起きによって、何を変えたいかを明確にするのです。
自分のための投資なら、読書などのインプットと
朝の早起きをセットにするのです。
起きる時間を決めたら、夜眠る前に翌朝読む本を準備しておきましょう。
最初は小説など自分が読みたい本を選んで
朝の読書を習慣にするとよいでしょう。
続きが気になる本を選ぶと早起きできます。

寝る時に翌日早起きをして、読書をしている自分をイメージします。
夜眠る前に、自分の理想の姿をイメージすると
意外に早起きできるようになります。
読書を続けているうちに自分が変わったことに気付けます。
小さな変化がモチベーションになり
やがて、早起きを習慣化できるようになります。

習慣にしたいことがあったら、その時間を確保しましょう。
自分のスケジュールにその習慣を記入し
夜眠る前、朝起きた時にそれをやると決めるのです。
朝の早起きで、結果が出せたら、次のアクションに取り掛かりましょう。
よい習慣を積み重ねると人生を楽しくできます。

まとめ

よい習慣を身につけることによって、人生をよりよくできます。
理想の自分をイメージし、そのための行動をスタートしましょう。
あとは決まった時間に決まったことをするだけです。
習慣にしたいことがあったら、その時間を確保しましょう。
自分のスケジュールに習慣を記入し、毎日見返すようにしましょう。
あとは小さな行動を積み重ねるだけです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
グレッチェン・ルービンの関連記事はこちらから

   

   スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

Loading Facebook Comments ...

コメント