問題の先延ばしをやめなければならないシンプルな理由

多くの人は自分が抱えている問題を解決しようとせず、問題から逃げるために膨大な時間と労力を費やしています。しかし、問題について不平を言うばかりで、それを解決するために努力しない人と一緒にいても楽しくありません。たいていの場合、そういう人と付き合うとストレスがたまります。あなたはそういう人にならないために、自分が抱えている問題を迅速に解決するよう努める必要があります。問題から逃げても意味がありません。なぜなら、いくら逃げても、問題は追いかけてくるからです。(マーク・レクラウ)

Background photo created by freepik – www.freepik.com

リーダーは問題を先送りしない?

マーク・レクラウ心をとらえる60の法則書評を続けます。私たちはついつい問題の先送りをしがちです。しかし、これを続けていても、なんの得にもなりません。逆に問題の先送りを続けることで、自分の貴重なエネルギーや時間を無駄にしてしまいます。問題から逃げても、また同じような問題があなたに襲い掛かってきます。この嫌なループから抜け出すために、その問題に正面からぶつかるべきだとマークはアドバイスしています。確かに、多くの優秀なリーダーは問題をその場で解決するようにしています。

問題を早期に解決しないと、それはますます悪化し、いずれ事故や病気、訴訟の災難になっていきます。リーダーは問題の先送りがトラブルにつながることを理解しているのです。

問題の責任をとらずに先延ばしにするのは、エネルギーの浪費です。その結果、不安が募り、眠れない夜が続き、気分が悪くなります。いったん恐怖に立ち向かって問題を解決すると、爽快な気分になり、問題から逃げ回るより解決に取り組むほうがずっと簡単であることがわかるはずです。

問題を「学習と成長のための機会」とみなし、その問題をすぐに解決するようにしましょう。問題が起こったら、原因を紙に書き出し、自分の頭を整理することで解決策が見つかります。頭に浮かんだ人に連絡し、相談すると物事が良い方向に動き始めます。自分のつながりの中で問題解決できなくとも、良い人脈を持っている人に相談することで、光が見えてくることが多いのです。1人で悶々と悩むのをやめ、誰かに相談するようにしましょう。自分のモヤモヤを吐き出すことで、自分の気持ちを変えられるメリットもあります。心の姿勢をより良くすることで、運気を高められるのです。

私にはたくさんの相談相手がいますが、人脈を広げるうちにたいがいの問題を解決できるようになりました。以前は問題を抱えると先延ばしをしていましたが、今は自分のコンディションを保つために、すぐに周りのプロフェッショナルに相談するようにしています。この習慣によって、私の生産性は一気に高まったのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心をとらえる60の法則
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/24時点)

楽天で購入

 

 

批判者を自分の味方に変える方法

誰かに批判されたら、謝罪をして相手の見解に共感を示しましょう。そうすれば、相手も謝罪をして、あなたの見解に共感を示してくれるはずです。批判されても上手に受け止めるすべを身につければ、どんな人でも味方につけることができます。それはまるで魔法のようです。

多くの場合、人との関係の悪化からトラブルが起こります。周りの人から批判されたり、ネガティブな言葉をかけられたら、一旦それを受け入れましょう。伝え方のミスや誤解によって、人間関係を壊すのはとてももったいないことなので、批判された時には、相手に感謝の言葉を伝えるようにするのです。相手の批判をアドバイスと捉えると自分の成長の機会を得られます。批判された相手に共感を示すことで、自分の味方を増やせるのです。

このように視点を変えて、問題に向き合うことで、結果を良い方向に変えられます。

相手に何かをしてほしいなら、大きな声を出して脅しても何の役にも立ちません。大きな声で脅せば、相手は言うことを聞くかもしれませんが、不本意なので反感を抱くおそれがあります。 相手を脅すのではなく、相手に共感を示してください。そうすれば、どんな人でも心を開き、あなたのために何かをしてあげたくなるはずです。

相手の批判を受け入れ、共感を示すことで、相手はあなたのために動いてくれます。この姿勢を取り入れることで、問題を解決出来るだけでなく、相手に応援してもらえるようになるのです。自分のマインドセットを変え、サポーターを増やすことで、結果を出せるようになるのです。

人生では次から次へと問題が発生します。大切なのはその問題にどう対処するかです。過去の失敗から私たちは多くの教訓を学んでいます。その知識と体験によって、次の失敗を防いでいます。優秀なリーダーは、問題から逃げるのではなく、解決する習慣を身につけているのです。

まとめ

問題の責任をとらずに先延ばしにするのは、エネルギーと時間の浪費でしかありません。問題によって、眠れない夜が続き、気分が悪くなるなど自分のコンディションにも悪影響を及ぼします。問題を抱えたら、紙に書き出だし、頭を整理し、仲間に相談するようにしましょう。このアクションによって、解決策が見つかるようになります。

マーク・レクラウの関連記事はこちらから

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

 

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化書評生産性向上アイデアクリエイティビティライフハック人脈
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント