書評 本田直之氏の50歳からのゼロ・リセット

あの頃、「俺はガラケーで十分だから」「スマホなんかいらない」と言っていた人は完全に時流から置き去りになっています。時代の流れを無視し、新たなデジタルツールを「自分には必要ない」と思ってしまったら、そこで進化が止まってしまうからです。(本田直之)

Background photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

テクノロジーの進化を否定しないようにしよう!

私が自分のことをゼロ・リセットしたのは、今から12年前の2007年のことでした。その年にスティーブ・ジョブズがiPhoneをリリースし、ソーシャルメディアがアメリカで流行り始めていました。TwitterとiPhoneが情報発信のスタイルを変え、広告ビジネスの未来に危機を感じた私は、変化を選択しました。翌年、日本でiPhoneが発売されると同時に、私はソーシャルメディアでの情報発信を強化し、本を出版することができました。今ではサラリーマンをやめ、社外取締役やコンサルタントとして、充実した時間を過ごしています。

2007年は別の意味でも変化の一年でした。44歳だった私は断酒にもチャレンジし、生活スタイルを変え、自分の人生をリセットしました。悪い習慣にさよならし、アウトプットを強化することで、過去の自分とは違う自分に生まれ変われました。

今回、本田直之氏の50歳からのゼロ・リセットを読むことで、当時の自分を思い出しました。あの時に変化を選んでいなければ、今もサラリーマンを続けていたはずで、未来を悲観していたことでしょう。

本田直之氏は好奇心を持って、行動することの重要性を指摘します。

大切なのは、「試しにやってみよう」という気持ちです。年齢に関係なく、この気持ちを持ち続けないと結果的に損をすることになります。試してみた結果、自分には必要ないと感じたら取り入れなければいいだけの話です。

iPhoneでもソーシャルメディアでも、新しいことにチャレンジすることです。テクノロジーは進化を続け、それを人々はどんどん取り入れます。喰わず嫌いがあなたを劣化させてしまうのです。試しにやってみて、自分の仕事や生活が便利になると感じたら、それを取り入れ、周りの人にもそれを伝えるようにするのです。それを徹底的に使い倒すうちに、自分のブランドを変えることができます。私はソーシャルメディアとiPhoneをビジネスに活用することで、出版ができ、自分のパーソナルブランドを強化し、独立につなげることができました。

ビジネスの中心世代は30代にシフトしています。彼らはネットネイティブな働き方に対応し、新しいものを取り入れ、より効率的な手法に切り替えています。変化に適応できる世代とビジネスを始めるためには、自分を変える必要があります。

50歳をーつの区切りに新入社員のような気持ちでやり直すなら、経験してきたやり方をすべて捨てるくらいの覚悟を持ちましょう。その代わりに、若い人たちの言葉に耳を傾けることです。彼らの世代には、わたしたちの時代にはいなかったようなレベルで優秀な人材が揃っています。

自分の今までの価値感を一旦捨てて、新たなテクノロジーや働き方を認め、自分をリセットしましょう。若い世代の価値と自分の価値を交換することで、新たなビジネスがスタートします。そこから起業や複業が始まり、自分の価値を今まで以上に高めることができます。

人生は壮大な実験だと捉える!

変化を否定して「変わるのは嫌だ」という人の人生は、ゆるやかに、でも確実に後退しています。

私は最近、定年後や50代での転職の相談を受けることが多いのですが、若い頃のことを思い出し、本当にやりたいことに時間を使うように伝えています。今、変化を選択しなければ、その後の人生を面白くすることはできません。やりたいことに時間を使うことで、本職以外の新しい価値を生み出せます。幾つかの強みを掛け合わせることで、新たな自分の価値が生まれ、そこからお金を稼げるようになります。まずは、副業・複業からスタートし、そこから起業するのもありだと思います。

人生は壮大な実験です。何が功を奏すか誰にもわかりません。だから、小さな試行錯誤を続けることです。幸い、わたしたちが若い頃よりも、ネットなどのインフラやデジタルツールの発展で、選択肢は増え、いろいろなことがやれる環境が整っています。

50代のビジネスパーソンがインターネットを使ったり、海外に出ることで、面白いビジネスが始まります。私はネットの技術を活用したビジネスを思いつき、ドバイで起業したことがあります。ドバイという全く異なる環境に身を置き、チャレンジすることで、自分の可能性を広げることができました。ドバイでのビジネスは結局うまくいきませんでしたが、その時の異国での強烈な体験が、私のマインドセットを強化してくれました。

今はインターネット上のさまざまなサービスを駆使することで、お金と時間の両方のコストを限りなくゼロに近い形でビジネスをスタートできます。LCCで海外も身近になりました。50代のビジネスパーソンにもチャンスがありますから、自分がやりたいことからビジネスの種を見つけましょう。

日本のマーケットがシュリンクする中で、経営者も既存のビジネス以外の新しい分野にチャレンジする必要があります。成長する海外に出るのも一つの選択肢だと思います。私は最近、ベトナム・ホーチミンに可能性を感じています。人口が伸び、若い世代が元気なベトナムに、今月再び行こうと思います。

ネット活用や海外進出をすることで、50代以降の生活の選択肢と可能性を拡大できます。その流れに乗り、変化を楽しむことで、人生の後半戦をエンジョイできるようになるのです。本書はそのきっかけを与えてくれる良書です。

まとめ

柔軟な発想を持ち、積極的に動くことで、50歳からの人生を面白くできます。人生100年時代だからこそ、アンテナを広げ、好奇心を持って、自分の可能性を広げるようにするのです。過去の自分のマインドやスキルをリセットして、新しいことにチャレンジしましょう。海外に出ることもその選択肢の一つだと思います。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント