マーク・レクラウの「心をとらえる60の法則」の書評

まず、人は皆、自分の意見に賛同してくれる人を好きになります。次に、人は皆、自分の意見に反対する人を嫌います。あなたは自分の意見に反対する人が好きですか?相手の意見に賛同する習慣を身につけましょう。相手が何かを言ったら賛同してうなずき、「たしかにそうですね。私もそう思います」と言えばいいのです。(マーク・レクラウ)

People photo created by yanalya – www.freepik.com

人と仲良くなるために、相手に賛意を示そう!

人生の成功と幸福を手に入れたければ、他人との関係をよくすべきです。「人と上手に接する」ことを意識すれば、大概のことがうまくいくようになります。ドイツ出身のコーチのマーク・レクラウ心をとらえる60の法則の中で人との関係をよくする秘訣を紹介しています。

人と仲良くしたければ、反対意見を述べるのをやめ、相手に賛意を示すことです。愚かな人ほど反論したがりますが、それは得策ではありません。もし相手の意見に反論する必要があると思ったら、「正しさを優先すべきか、和を重んじるべきか?」という究極の質問を自分に投げかければよいとマークは指摘します。日常の会話において、相手との議論はできるだけ避けたほうが得策です。(ただ、会議では真剣に議論し、結論を出すことが求められます)

人の心をとらえるための最も重要なスキルのひとつは、相手の話に耳を傾けることです。相手の話を聞けば聞くほど、あなたは好かれます。なぜなら、あなたには希少価値があるからです。ほとんどの人は相手の話にあまり耳を傾けません。聞き上手は話し上手より得をします。

人は皆、自分の話を聞いてほしいと思っているので、聞き上手な人は相手の願望を満たすことができます。自分が一方的に話すのをやめ、相手の話に耳を傾けるようにしましょう。

聞き上手になるに、相手に興味を持ち、全神経を集中するとよいとマーク・レクラウは言います。相手の話に賛同していることを示すために、相手を見ながらうなずき、ときには微笑むとよいでしょう。そして、相手への質問を繰り返し、相手の話に耳を傾けることで、会話力が向上し、人間関係を強固にできるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心をとらえる60の法則
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/24時点)

楽天で購入

 

 

相手を受け入れ、認め、感謝する!

著者のマークは人の心をとらえるための3つの要素を紹介しています。
1つ目は、相手を受け入れることです。自分がどんなにがんばっても、相手をを変えることはできません。まずは、相手をあるがままに受け入れることから始めてみましょう。

2つ目は、相手を認めることです。相手がどんな欠点を持っていようと、その人について認めるべきことは必ず見つかります。相手の欠点を無視し、長所にフォーカスするのです。相手にそのことを伝えることで、相手は喜び、その長所を伸ばすためにためにより一層の努力をします。

3つ目は、相手に感謝することです。感謝の気持ちは、この世で愛の次に大きな力を持っています。結婚生活がうまくいかなくなるのは、相手に感謝しなくなったときだと言われています。逆に、幸せは相手に感謝することから生まれます。

相手に感謝していることを伝えましょう。感謝の気持ちを言葉で表現しましょう。相手を特別な存在として扱いましょう。人は皆、自分の価値を認めてほしいと思っていることを肝に銘じてください。

相手の話をしっかりと聴き、まずは、相手を受け入れることから始めましょう。次に欠点を無視し、相手の長所にフォーカスします。相手への気持ちが幸せの心を育んでくれると考え、相手に感謝の言葉を伝えることで、人の心をとらえられるようになります。

まとめ

人と仲良くしたければ、反対意見を述べるのをやめ、相手に賛意を示すことです。相手の話を傾聴することで、人間関係を強固なものにできます。相手を受け入れ、長所を認め、感謝の言葉を伝えることで、相手の心をとらえられるようになります。

マーク・レクラウの関連記事はこちらから

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント