スタンフォード式人生を変える運動の科学

スポンサーリンク
習慣化

グリーン・エクササイズでうつが改善?

Tree photo created by wirestock - www.freepik.com スタンフォード式人生を変える運動の科学 著者:ケリー・マクゴニガル 出版社:大和書房 本書の要約 自然の中で行う運動である...
習慣化

運動によって、自分の限界を超える方法

体を動かすことで、自分が設定した限界を超えられます。自分自身についての頑固な思い込みも運動で払拭可能です。明確な目標を作り、実現するための方法を考え、着実にそれを行うことで、難しい目標も達成できます。自分を信じ、運動を続けることで奇跡が起きるのです。
習慣化

音楽のグルーヴの力を活用しよう!ケリー・マクゴニガルのスタンフォード式人生を変える運動の科学の書評

音楽のグルーヴの力を使うことで、元気を取り戻せます。アスリートはテンポの良い音楽を聞くことで、自分の限界を超えられます。音楽によって脳が刺激され、アドレナリン、ドーパミン、エンドルフィンが大量に分泌されると、活力が出て、痛みが緩和されることもわかっています。
習慣化

集合的沸騰が人を幸せにする?ヨガやダンスをグループですべき理由

運動、特にグループで行うエクササイズによって、幸福度がアップすることがわかっています。人に幸福感をもたらすエンドルフィンは運動によって増加します。このエンドルフィンは、高揚感とともに他人とのつながりを生み出すだけでなく、脳の鎮痛剤の役割も担います。
習慣化

苦手な運動を6週間で好きになる方法 ケリー・マクゴニガルのスタンフォード式人生を変える運動の科学の書評

運動を自分の生活に取り入れることで、幸福感がアップすることがわかっています。運動習慣が身につくことで、脳の報酬系が活性化し、私たちは幸福になれるのです。私たちの人生は薬物やアルコールに頼らずとも、6週間運動を続ければ、人生をより豊かにできます。
セレクト

ケリー・マクゴニガルのスタンフォード式人生を変える運動の科学の書評

コロナ時代、外出禁止の影響で人は運動不足に陥り、活動量が落ちていますが、これが私たちの心身に悪影響を及ぼします。運動で脳内化学物質の活性化され、幸福感が高まることがわかっています。運動がうつ病、不安症、孤独を防ぎ、幸福ホルモンが人との絆を深めてくれるのですから、日々の運動を習慣にしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました