マシュー・サイド

スポンサーリンク
イノベーション

マシュー・サイドの失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織の書評

私たちは失敗との付き合い方を見直さなければなりません。 自分の失敗体験をオープンにし、その理由を明らかにしていくことがとても重要です。失敗を組織内に留めるというクローズドループの罠から抜け出すことをで、ミスを犯す確率を下げられます。
書評

日常に多様性を取り込むために重要な3つのこと

多様性のある組織をつくることで、イノベーションを起こせるようになります。著者は日常に多様性を取り込みたければ、①「無意識のバイアス」を取り除く②「陰の理事会」(Shadow Board)③与える姿勢の3つの要素を取り入れるべきだと指摘します。
セレクト

ダイエットを成功させたければ、多様性の視点を取り入れよう!

世の中にはさまざまなダイエットの手法が溢れていますが、多くのダイエットは標準化されているため、多くの人が結果を出せずにいます。最近の研究によって、自分の体内環境に合わせ、食事を改善することで、ダイエットも成功し、健康を取り戻せることが明らかになってきました。
習慣化

どうすれば異なる集団が互いを理解できるようになるのか?

エコーチェンバー現象によって、「認識の壁」というフィルターを通じて世の中を見てしまい、自分とは反対の意見を持つグループの考えを排除してしまいます。この状態を脱するためには、多様な情報や人々の考え方に触れることが不可欠で、熟議や熟考を繰り返す必要があります。
イノベーション

多様性がイノベーションを起こす鍵

イノベーションは漸進的イノベーションと融合のイノベーションに分類できます。課題が複雑になっている現代においては、関連のなかった異分野のアイデアを融合することが重要になります。融合のイノベーションには、アイデアの交配が欠かせないため、組織は多様性を取り入れるべきです。
習慣化

マシュー・サイドの多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織の書評

多様な枠組みの集団(反逆者の集団)をつくることで、難しい課題の解決策が見つかるようになります。新たな観点に立ち、それまでとは違った角度から視野を広げることで、組織に高い集合知がもたらされ、イノベーションを起こせるようになるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました