マルクス・ガブリエル

スポンサーリンク
哲学

マルクス・ガブリエル 新時代に生きる「道徳哲学」の書評

他人との関係において適切なバランスを取ることが「道徳哲学」ですが、今こそ、私たちは人と人との良いバランス関係について探究する必要があります。他者の視点を取り入れることで、私たちは自分の視野を広げることができるのです。
哲学

わかりあえない他者と生きる 差異と分断を乗り越える哲学 (マルクス・ガブリエル)の書評

わかりあえない他者とは対話の機会を持つべきです。異なる立場にいる相手にこそ、友好的に接する必要があります。社会の分断が進む中、お互いの違いを攻撃するのではなく、違いを受け入れ、オープンマインドになることが求められています。相手の尊厳を軽視するのをやめ、他者の内に人間性を見出しましょう。
習慣化

ネイチャーポジティブな選択が、ウイルスを撃退する?マルクス・ガブリエルのつながり過ぎた世界の先にの書評

人類が行動を変えることで、よりサスティブルな経済が実現したとすると、結果的にウイルスが反撃を止めてくれるかもしれないと著者は指摘します。ネイチャーポジティブな態度をとり、サスティブルな活動をしている企業を応援することが、一人一人に求められています。
習慣化

マルクス・ガブリエルのつながり過ぎた世界の先にの書評

人類はテクノロジーの発展の中で倫理観を失ってきました。よりよい社会を実現するためには、「理由律」に従って行動し、倫理観を取り戻すべきです。サスティナブルで倫理的な資本主義体制をつくった国が、今後ももっとも豊かな国になると著者は未来を予測します。
AI

デジタル・プロレタリアートにならない方法。マルクス・ガブリエルの世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているかの書評

GAFAの存在感が日々増していますが、実は現代人は彼らの労働力に成り下がっています。彼らは現代人を無料で使い倒し、現代人をデジタル・プロレタリアートにしています。政治がソーシャルメディアやテクノロジーが結びつくことで、独裁が進むことにも注意を払う必要があります。
AI

マルクス・ガブリエルの世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているかの書評

Business photo created by jcomp - www.freepik.com 世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているか 著者:マルクス・ガブリエル 出版社:PHP研究所 本書...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました