モートン・ハンセン

スポンサーリンク
習慣化

幸せになるために仕事で実践すべき7つの習慣。

過去2週間のスケジュールを見直して、余計な業務や電話、メール、ミーティングなどを洗い出しましょう。新たに見つかった時間の「時間の利子」を仕事以外の個人の時間や家族との時間に充てることで、結果が変わり、幸福度をアップできます。優先度の高い重要な仕事に注力することで、公私を充実できるようになります。
習慣化

会議で必ず結果を出すための2つの方法。

社員同士が活発に議論するだけでなく、一丸となって、決まったことを実行する文化がある会社が業績を残せます。多様なメンバーでテーマを議論し、新たなアイデアを出すようにしましょう。会議ではメンバー全員で真剣に議論を戦わせ、決まったことを全員で実行すべきです。
習慣化

PurposeとPassionのPの2乗で生産性を高めよう!

情熱(Passion)と目的(Purpose)の両方がハイレベルにする「Pの2乗」効果で、人は結果を出せるようになります。自分の目的意識を広げ、情熱を持って、それに取り組むことで、新たな価値を提供できるようになるのです。
セレクト

業績をアップしたければ、成長サイクルを身につけよう!

1万時間の法則が有名ですが、結果を出すためには、時間を意識するだけでなく、学ぶ方法を最適化すべきです。短期間でフィードバックを受け取り、スキルを改善する成長サイクルを身につけることで、業績をアップできることがわかっています。
習慣化

モートン・ハンセンに学ぶ!仕事の価値を高める3つの要素。

生産性を高めるためには、仕事の再設計を意識することが重要です。あらかじめ定められたゴールに到達するだけでなく、新たな価値を生み出すことに重点を置くのです。仕事の価値を高める公式(ある人の仕事の価値=他者へのメリット×クオリティー×効率)を覚え、この3要素を改善しましょう。
セレクト

モートン・ハンセンのGREAT @ WORK 効率を超える力の書評

モートン・ハンセンは生産性を高めるための「もっと賢く働く 」7つの習慣を見つけました。この7つの習慣は業績を上げるだけでなく、職場での幸福度も向上させます。この7つの習慣で最も重要なことは、タスクを減らし、最重要項目に徹底的に
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました